体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京ゲームショウ2016】ゲームデザインが光るインディーゲーム4作紹介

ゲーム

9月15日(木)~18日(日)の期間で開催されている国内最大規模のゲームの祭典「東京ゲームショー2016(TGS)」。2016年の開催では、個人・小規模制作のゲームが出展される「インディーゲームコーナー」が設置されている。インディーゲームコーナーは2013年より設置されたコーナーで、3回目の設置となる今回も様々な作品が出展されていた。

今回は、TGSビジネスデイのインディーゲームコーナーで見つけた4作品を紹介。これまでにもぐらゲームスで取り上げ切れていなかったインディーディベロッパーの作品を中心に掲載してみた。今回紹介した作品は、17日(土)以降のパブリックデイでも遊ぶことができるので、気になった作品はぜひ遊んでみてはいかがだろうか?

東京ダーク

img_5135
本作は、日本・鎌倉市拠点を置くインディースタジオ「Cherrymochi」の開発するゲーム。架空の日本を舞台にしたポイントクリック型のアドベンチャーとなっている。『シェンムー』『ひぐらしのなく頃に』、『コープスパーティー Book of Shadows』などに影響を受けているという。

物語として同僚の失踪の謎を追う女性刑事「伊藤絢美」が、複雑怪奇な出来事に巻き込まれていくものとなっている。伊藤刑事は自身の過去と対面し、その正気を保とうとする場面もあるという。エンディングも11個用意される予定。

ゲームシステムとしては、正気値・プロフェッショナル値・探索値・ノイローゼ値の4つのステータスが変化する「S.P.I.N」システムが特徴。絢美がどういった行動を取ったかによってそれら数値が変化していき、以降の選択肢やキャラクターとの関係性が変わっていくという。
 
img_5139
 
本作の世界観は、タイトルから伺えるように東京の「裏道」をイメージした、ダークな雰囲気を意識して作られているという。また渋谷や新宿の雑踏や、駅での電車が発する音などを録音し、音楽に使用しているとのことだ。

本作は、スクウェア・エニックスが海外で展開するインディーゲームのサポートプロジェクト「Square Enix Collective」の支援を受け、またkickstarterにて20万ドルの資金調達を達成している。開発期間はコンセプトの発想から2年ほどとのこと。TGSに出展されているデモ版では、オープニングの10分ほどの物語を楽しむことができた。今後の展開を気にさせてくれるものとなっているので、遊んでみてはいかがだろうか。

WILL

東京ゲームショー
 
本作は、中国のインディーディベロッパー「4D Door Games」が制作を行うテキストベースのアドベンチャー。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会