体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナビスコの定番クラッカー『プレミアム』が新生! 後継は『ルヴァンクラシカル』なのか? トリプル検証!

cr7_5901

お菓子界を震撼させたヤマザキナビスコのライセンス契約終了およびヤマザキビスケットへの社名変更。「リッツ」「オレオ」がどうなるの!? と散々話題になったが、実は定番クラッカー『プレミアム』も生まれ変わったのをご存知だろうか。新旧比較に、ヤマザキビスケットによる後継品『ルヴァンクラシカル』を含めて検証したい。

 

『プレミアム』の味を引き継いだのは、新生品か、『ルヴァンクラシカル』か!?

状況を改めて説明すると、45年にわたりナビスコ製品を国内製造してきたヤマザキナビスコ株式会社が、今年の8月いっぱいでモンデリーズ・インターナショナル・インクとのライセンス契約を終了。それに伴い、9月からはヤマザキビスケット株式会社に社名変更となった。

cr7_5906

問題はそれまで発売されていた「リッツ」「オレオ」などのナビスコ製品。一時は消滅してしまうかと思われもしたが、それら定番商品はモンデリーズ・ジャパンが引き続き発売することとなった。ガム「クロレッツ」やキャンディ「キシリクシスタル」を手がけており、日本では1960年から事業展開しているモンデリーズの日本法人だ。

 

 

ただ気になるのは、ヤマザキ・ナビスコ時代は国内製造だったものが、新生ナビスコではことごとく海外製造となったこと。「リッツ」はインドネシア製に、「オレオ」はなんと中国製に…。

 

そしてそれらの陰に隠れて今ひとつ話題になっていないが、定番クラッカー『プレミアム』は、イタリア製に。中国製に比べればイメージ的に悪くない気もしてしまうイタリア製だが、今回はそんな新旧『プレミアム』と、ヤマザキビスケットからの後継品『ルヴァンクラシカル』を比較検証してみた。

 

 

販売終了したヤマザキ・ナビスコの『プレミアム』日本製

ヤマザキ・ナビスコ『プレミアム』(170.1g/6枚×9パック・実勢価格 税込205円)

cr7_5915
原材料:小麦粉、植物油脂、食塩、ライ麦粉、モルトフラワー、イースト、膨張剤、炭酸カルシウム
1枚当たりのカロリー・14kcal

cr7_5939
慣れ親しんだシンプル・クラッカー。裏面に簡単レシピ付き。

cr7_5944

オンザ・リッツ的に色々のせて食べる人も多いと思う。

cr7_5950

見た目は基調の白に、上品な淡い焦げ目。良くも悪くもクセのない味で、品がある。パイ生地のような層が感じられるのが一番の特徴か。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会