ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戸越銀座商店街がTVロケで多用のワケ 「使える率高い」評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 情報番組などのロケ地としてお馴染みの、戸越銀座商店街(東京・品川区)。他にもたくさんの商店街があるのに、なぜこの戸越銀座商店街がロケで繰り返し使われているのか。

 その理由を元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義さんはこう語る。

「簡単に言ってしまえば、『テレビが来るからテレビが来る』のでしょうね。番組作りで忙しいテレビマンたちは、一次情報を取ってくる時間がありません。そのためどこかの局の企画が一つ当たると、他もそれに追随するといった共振作用が起こりやすいのです」(碓井さん・以下、「」内同)

 では、なぜ戸越銀座商店街で視聴率が取れるのか?

「最大の理由はその“商店街力”にあるといえます。戸越銀座商店街にはファッション、グルメ、雑貨など、情報番組を観る女性が好きなお店が何でも揃っていて、『戸越銀座温泉』という天然温泉まであります。ここまで来ると、もはや『小さなレジャースポット』と言っても差し支えないくらいです。ネタの引き出しが多く、視聴者の興味を引く企画を立てやすいことが、視聴率につながっているのかもしれません」

 全長約1.3kmの長さを誇る戸越銀座商店街の通り沿いには、約400もの店舗が並んでいる。そこには平日でも1万人以上の人が訪れているという。「いつでも人がいる」というのは、街頭インタビューをするのに好都合だ。

 おまけにテレビ局の多い港区から車ですぐに行けるという立地条件も、ロケ地に選ばれやすい理由の一つ。撮った日にそのまま流せるため、制作側の都合からいえば、「困ったときの戸越銀座」とも言える商店街だという。

 ここで取れるコメントは「使える率」も高いと碓井さんは指摘する。

「戸越銀座はよその人たちが観光で押し掛けるような場所ではなく、住んでいる人たちが行き交う街なので、生活者の生の声を聞くことができます。気取った感じの人は歩いていないし、べらんめい調が聞こえてくるわけでもない。それなりに知的でセンスのある中庸な人たちが多い町なので、ほかの商店街と同じ取材量でも使えるものが多いのです。

 浅草や上野が江戸情緒の残る下町だとすれば、戸越銀座は昭和っぽさの残る東京。B級グルメブームが来る前からずっと、そこには本物の庶民が味わう安くておいしいグルメがあります。定番のコロッケなんかはそうですね。私の敬愛する作家・池波正太郎さんもこの町に住んでいました。エッセイには『ブルドック』という洋食屋が何度も登場しています。そういった文化の香りを残す街でもあります」

 戸越銀座商店街の公式ウェブサイトによれば、商店街の発足は昭和2年7月。全国には「銀座」の名の付く商店街が数多くあるが、その第一号は戸越銀座商店街なのだとか。それだけに“本家銀座”との関わりも深い。関東大震災後、東京都中央区の銀座では、道路のアスファルト化に伴い敷石が撤去されることになった。それならばと、戸越がその敷石を譲り受け、通りに並べていったのだという。

 そんな古いエピソードもある戸越銀座商店街は、今後も人気商店街であり続けるのだろうか。

「買い物ができて、温泉があって、文化にも触れられる。戸越銀座商店街めぐりはいわば小さな旅で、永六輔さんが初代ナビゲーターを務めた『遠くへ行きたい』ならぬ『近くへ行きたい』という番組を作るなら、真っ先にここを選ぶでしょうね。最初に『商店街力』と言いましたが、それを決定づけるのは店や商品の数だけではありません。商店街の本当の主役はそこにいる皆さん。一人ひとりの魅力が商店街力につながっていて、テレビマンたちも結局はそれを見せたいのです。そこにいい人たちがいる限り、ロケ地に選ばれ続けると思います」

 商店街に欠かせないのは熱いコロッケと厚い人情。ロケでどんな面白い人を見つけてきたかにも注目してみたい。

【関連記事】
各地のレトロ商店街やキャラクター商店街失敗例を検証した本
ゆるキャラ界の格差 ふなっしーやくまモンの控え室は個室
一人暮らしに敗北して実家に戻った40代未婚女性のエッセイ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP