ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プレッシャーに負けそうなとき、自信を取り戻す一曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜朝6時の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「azabu tailor A SONG FOR YOU」。このコーナーでは、リスナーのみなさんからのメッセージに、ジョン・カビラがぴったりな曲をセレクトしてお届けいたします。9月16日のオンエアでは、「プレッシャーにくじけそうな娘に勇気を与える一曲」をセレクトしました。

今回、メッセージをいただいたのは、毎日、部活を頑張っている高校生の娘さんを持つお母さんから。

【メッセージ内容】
夏休みやお盆も関係なく、毎日部活を頑張っている娘。先日の大会で都大会を勝ち抜き、関東個人戦に進むことができました。どちらかというと、のんびりほんわか、慎重派の娘が「痛くなさそうだから」と入部した弓道部。相性が良かったようで、とても頑張ってきました。その結果であって、自信をもって出場権を手に入れたと思うのです。
が、ここにきて「そんなレベルじゃないから」「関東の予選通過はハードル高いから」「関東大会に出られただけで良くない?」と、弱気なような、投げやりなような、発言が増えてきました。プレッシャーや不安からの発言だとは思うのですが、どうせ出るなら、どんな結果でも自分で満足できるのがベストだと思うのです。彼女らしくやりきるための素敵な音楽をシェアしてください。

大会に挑むプレッシャーと闘う娘さんに、カビラがセレクトした曲はこの曲。

■Confident/Demi Lovato

アメリカの若きシンガー、Demi Lovatoが歌う応援ソング。タイトルの「Confident」は「自信に満ちた」という意味です。

「これまで頑張ってきたのですから、娘さんにはぜひ自信を持って大会に望んでいただきたい! 当たって砕けろ! 失うものは何もない! ベストを尽くせばそれで良い!」(カビラ、以下同)

その歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか? その一部をカビラが訳して抜粋して紹介しました。

I make my own choice
(私は私の選択を私なりにして )
Yeah I run this show
(私のショーを演じきる)

そして、歌詞の中で何度も繰り返されるのが…

What’s wrong with being confident?
(自信を持ってなにが悪いの?)

「『自信を持って何が悪いの?』、何も悪くないです! 娘さん、自分を信じてベストを尽くせばそれでいいじゃないですか。(中略)結果はいいんです。ベストを尽くしたという“やりきり感”、絶対そこに達成感があるはずです!」

今まで体験したことのない大一番にプレッシャーを感じるのは当然ですよね。事は違えど、今まさに同じ気持ちの人もいるのでは? そんなときは、ぜひこの一曲で自分を奮いたたせてみてください!

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP