体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

個性的な秘湯が多い青森エリアはひっそりと楽しむ女子会にぴったり。温泉情緒たっぷりのおすすめ19選!

個性的な秘湯が多い青森エリアはひっそりと楽しむ女子会にぴったり。温泉情緒たっぷりのおすすめ19選! 青森

ランプの湯や不老不死温泉などに代表される秘湯が多い青森県。

泉質も良く、お肌によい美人の湯が多いと言われているから女子旅にいかが?

レトロな雰囲気や秘湯感を求めるなら青森県が断然おすすめ!

女子だけで気兼ねなく楽しめる、青森の温泉女子会の旅。あなたならどこに行く?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

酸ヶ湯温泉

酸ヶ湯温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_02201cd2110076330/photo/

八甲田の主峰大岳の西麓標高900mの高所にある温泉。1軒宿ではあるが、400人収容と規模の大きな旅館がある。ここの名物「ヒバ千人風呂」は、その名のとおりマンモスな混浴湯で、老若男女が和気あいあいのムードで湯に浸っている。5カ所の源泉のうち、4つがこの千人風呂に集まっており、「熱ノ湯」「冷えノ湯」「四分六分ノ湯」「鹿ノ湯滝」に分かれている。また、もう一つの名物「マンジュウふかし」は、地中から噴き出している熱い蒸気の上に木箱が置いてあり、その上に腰かけるもので、冷え症や痔に効くという。

湯治には、3日ひとまわり、10日を1湯治期にするといわれ、ふつうは1週間から10日滞在湯治をする。宿には炊事場が何カ所もあり、売店、炊事道具の貸出し所、床屋、美容室などのほか、温泉療養相談室では温泉療養士が入浴法などの指導をしてくれる。

◎マンジュウふかし 温泉から少し離れたところにある。地中から噴き出している熱い蒸気の上に木箱が置いてあり、その上に腰かけるもので、冷え症や痔に効くという。なお、湯は酸が強いので、せっけんを使っても泡がたたない。

\口コミ ピックアップ/

八戸市~弘前市に向かう際、八甲田山経由で行く途中に酸ヶ湯温泉はある。

雪山の中でもくもくと湯気?がたつ建物周辺は温泉への期待を更に高めてくれる。

温泉は木造大浴舎の千人風呂、「これぞ温泉!」と感動せずにいられない。

混浴だが、風呂の中に境界線を表記しているだけ。夫婦やカップルはこの境界線で寄り添っている。

熱めの風呂なので、じっくり、ゆっくりとつかりたい。 酸ヶ湯温泉

住所/青森県青森市八甲田山1

TEL/017-738-6400

「酸ヶ湯温泉」の詳細はこちら

黄金崎不老ふ死温泉

黄金崎不老ふ死温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_02323cd2110076341/photo/

客室・大浴場から日本海の漁火・夕陽が眺望できる。海辺に日本海パノラマ展望風呂や露天風呂あり。

\口コミ ピックアップ/

日帰り入浴で、利用しました。露天風呂から大きな魚の背鰭が見えてわくわくしました。評判の通り夕日の沈む頃に是非入りたいなと思いました。でもなかなか宿泊の予約がとれないのでいつになることやら…夕暮れ時は宿泊者限定になったので、かなり厳しいですね。

露天風呂に行くのに事前に内風呂で洗ってから行きます。この方が衛生的でいいですね。でも、着替えが少し面倒でもあります。

お昼御飯をこの宿のレストランで食べました。この時食べた鮪丼が最高でした。 黄金崎不老ふ死温泉

住所/青森県西津軽郡深浦町大字艫作字下清滝15

TEL/0173-74-3500

「黄金崎不老ふ死温泉」の詳細はこちら

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。