ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脳性麻痺の女性を変えたSMAPとの出会い ファンの気持ちが原動力に

  • ガジェット通信を≫


2016年はSMAP解散で日本中が騒然とする中、あるSMAPファンの方のニュースを目にしました。

そのファンの方は、大阪府在住の脳性麻痺を患う女性で、SMAPの追っかけをしていることによって、今までできなかったことが出来るようになったと語っておりました。

今回は脳性麻痺の原因や症状、そしてSMAPファンの脳性麻痺の女性がどのように人生が変わったのかをまとめてみました。

脳性麻痺とは?


脳性まひとは、受胎から、生後4週以内の期間に、脳に進行性ではない病変があったり損傷を受けたことが原因で運動機能や姿勢の問題が起こる症候群をいいます。

脳性麻痺の症状

脳性まひに見られる症状は主に運動の障害であり、型によっても異なりますが、以下のような症状を示します。

■四肢まひ

■両脚麻痺

■両腕麻痺

■四肢硬直

■平衡感覚や深部感覚の障害

■左右一方の腕と脚の麻痺

■不随意運動

脳性麻痺を引き起こす原因

先天性脳性まひ

<妊娠中の感染症>

妊娠中、特に早い時期に風疹やサイトメガロウイルス感染など特定の感染症にかかることによって脳性まひを発症する可能性が高くなります。

<胎盤の働きが悪い>

胎盤がきちんと機能していない場合もそうですし、常位胎盤早期剥離は日本の脳性まひの赤ちゃんの半分の原因のとなっているともいわれ、早期に胎盤が剥がれ落ちてしまうことにより赤ちゃんに酸素がいかなくなってしまいます。

<未熟児>

未熟児の赤ちゃんは脳性麻痺がある可能性が高く、早産であった場合にはそうでない場合の10倍もの脳性まひの確率があるといわれています。

<染色体異常>

染色体異常がある赤ちゃんは、脳性麻痺を持つ可能性が高くなります。

後天性脳性麻痺

<新生児仮死による低酸素脳症>

分娩時のトラブルなどで赤ちゃんに低酸素脳症があった場合、脳性麻痺の発症率が高くなります。

<重症黄疸(核黄疸)>

重い黄疸を起こした場合にも脳性まひを起こすことがあります。

<頭蓋内出血>

ビタミンKの不足など何らかの原因により赤ちゃんの頭蓋内で出血が起こったことが原因で脳性まひを起こすこともあります。

<脳の外傷>

脳の外傷による脳の損傷も脳性まひの原因となります。

脳性麻痺の治療法

現在のところ、根本的な治療法はないので、主に四肢の運動障害に対して運動訓練が行われます。

早くから訓練を開始することによって、日常生活で必要な能力を習得できる可能性が高くなると考えられます。

また、必要に応じて、整形外科的な手術や、筋肉の不要な動きを抑える目的でボツリヌス注射なども行われるケースがあるようです。

SMAPとの出会いが行動の原動力に


この脳性麻痺の女性の方は、21歳までトイレや着替えなど介助なしでは自分でできなかったそうですが、近年は一人で全国で開催されたSMAPのライブに参戦するまでになられました。

SMAPのグッズを購入するには仕事をしてお金を稼ぐことも必要にもなった為、職業訓練校に通いその後就職。その働いて貯めたお金で通信制大学に通われ、小学生からの夢でもあった養護学校の先生が現在の目標だそうです。

絵も非常にお上手で、鉛筆を足の指に挟んで描かれた中居くんの似顔絵は、ご本人にそっくりで驚きました。

SMAPが大好きで、彼らのために何かしたい、ひと目姿を見たい、というエネルギーがこの女性の場合には非常にポジティブな力となって働いていますね。

前向きに物事に取り組む力、今までできないと思っていたことにチャレンジする意欲がわいてきて、実行することができたということだと思います。同じファン仲間の存在も大きいかもしれません。

医師からのアドバイス

SMAPの解散が話題になっていますが、この女性のように本当に彼らの存在によって人生が変わったかたもおられるのですね。

これからも何らかの形でこのSMAP愛やエネルギーを、維持していけるといいですね。 

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

放っておくと怖い!脳出血の超初期症状をチェック!
貧困が胎児に深刻な影響を与える 格差社会が生んだ新たな問題
今話題の脳梗塞…!『FAST』チェックで危険を回避。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP