ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VR広告サービス「Vertebrae」1,000万ドルを資金調達

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VR広告プラットフォーム「Vertebrae」が、シリーズAラウンドの投資として1,000万ドル(約10億円)の資金調達を発表しました。

映画やアプリなどVRコンテンツ内に広告を挿入

「Vertebrae」は、エンターテインメントスタジオやゲーム会社、広告代理店等の企業が自社のVRコンテンツ内に広告を挿入するためのプラットフォームとして開発されました。なお投資企業に関しては明らかにされていません。同プラットフォームは現在、プライベートβの段階にあります。

Vertebraeにより、360度ビデオやVRミニゲームなどの媒体の中に、ブランドイメージが載った背景や、コンテンツのスポンサーシップなどを挿入することができます。

最近では大手映画製作・配給会社であるライオンズゲートが、9月16日に行われた新作映画「ブレア・ウィッチ (2016)」のプレミアにてVertebraeとともにVR広告を制作しました。人々を映画館へ誘導するため、90秒の広告がVertebraeの経験をもとに構成されました。

なお同広告は、VRホラーアプリ『Sisters』にてプレロール広告として流されました。

Blair Witch 2016 Movie – Official Trailer VR 3D

https://www.youtube.com/watch?v=BjU_YP-JgJE

(参考)
VR Advertisement Platform Vertebrae Raises $10M Investment(英語)
http://www.roadtovr.com/vr-advertisement-platform-vertebrae-raises-10m-series/


Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP