体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【秋田のいぶりがっこ】チーズだけじゃない! 普段のメニューと組み合わせるとイイコトあるある

f:id:uralatokyo:20160730131005j:plain

秋田県の名物いぶりがっこ。最近では「チーズと合う!」とオシャレなバーでもメニューにあがるようになってきました。

「いぶりがっこ」は、大根を燻製にしてから塩と麹で漬け込んだ漬物の一種。秋田では「がっこ」=「漬物」という意味なので、ナスの漬物は「なすがっこ」、大根の漬物は「でーこんがっこ」と言います。

f:id:uralatokyo:20160730131131j:plain

いぶりがっこをいぶっている写真がこちら。冬の保存食として昔から秋田で食されてきました。

f:id:uralatokyo:20160730131129j:plain

いぶりがっこは写真のように1本で売っていることが多いので、買ってきたら3つの切り方で保存しておくと便利なのでご紹介します。

一つめはこちら。通常バージョン。

f:id:uralatokyo:20160730131123j:plain

お好みの厚さで切っておきます。純粋にいぶりがっこが味わえ、ポリポリとした食感もクセになりますね。

秋田では、近所のご婦人たちと自宅でお茶を飲みながら女子トーク? をする時には、高い確率で冷蔵庫から「我が家のがっこ」が一緒に出てきます。がっこを食べながらのお茶っこ(秋田弁は言葉の最後に「っこ」が付くことが多い。お茶っこ、煮付けっこ、餅っこ…など)は、秋田あるあるです。

f:id:uralatokyo:20160730133559j:plain

クリームチーズをのせて食べると、日本酒やワインにも合っておいしいですね。オリーブオイルや、ハチミツを付けて食べる人もいるのだとか。

f:id:uralatokyo:20160730133602j:plain

私は写真のようにダブルでいただくこともあります。クリームチーズが口の中に広がって、かめばかむほど、どんどんその塩加減が変化して、その途中で「もう! しょっぱい!」と感じたところで飲むシャンパンが、とても大好きです。

保存方法の二つ目はこちら。いぶりがっこをミキサーで細かく刻んでしまいます。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。