ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

80秒でOK。ふくらはぎマイナス2センチは、かかとあげるだけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロングスカートにショートブーツ

秋冬のファッションだって、ふくらはぎはシュッとしておきたい。

そこで、ちょっぴりハード、でもすぐに効果を感じられる「かかとあげトレーニング」を紹介します。

ふくらはぎほっそり。かかとあげ
のやり方

1.足を肩幅にひらいて立つ

2.かかとをあげ、かかとをおろす。このとき、かかとが地面につかないように、すれすれで浮かせる程度にする。「2秒であげて、2秒でおろす」くらいの速さでゆっくり、しっかり足を動かす

3.これを20回くりかえす。慣れないうちは10回でもOK

20回やったとしても、約80秒で終わる簡単エクササイズ。

かかとを地面につけないことで、一気にくふらはぎへ負荷がかかります。だから、回数は少なくてもOK。

洗い物やはみがき中など、「ながらスクワット」で効率よく鍛えられます。

そういえば嬉しいことに
ふくらはぎが-2㌢

かかとあげ地道に
続けてたからかな?
— アンナ@ゆるdiet (@annasama_) 2016年3月23日

かかとあげスロースクワット、めっちゃ効く!!!
筋肉痛になるよ、最初は。
— 桜月 (@sakura_duki3) 2016年4月25日

@rim_nnn

ふくらはぎは、
かかとあげ運動や踏み台運動が
効果的でした
私もなかなかふくらはぎは
痩せにくくて、
マッサージだけだとむくみは取れても
脂肪がなかなか
運動は必須かもしれないです!!
— く❤︎riri❤︎自分史上最高の自分 ) (@_dream_dream_23) 2016年8月23日

私は空手をやっているので、筋肉をつけるため(空手は蹴り技が多い)時々やっていますが、10回でもふくらはぎの筋肉がじわっと熱くなる感じがして疲れるので、速攻で効果を感じてます。

かかとを高くあげることでバランス感覚も鍛えられるからか、かかとが高いヒールやブーツでつまずくことも減りました。

こちらも読まれています

楽しさの裏に涙あり。夏満喫しすぎて失敗しちゃったエピソード #sponsored

足を組んで10秒お腹を凹ませてたら、くびれてきた

ワイドスクワットだった。太ももの内側を引き締めてくれるのは

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

汗かく。発散する。研ぎ澄ます。ニューバランスのガールズナイトアウト
疲れた日は寝る前に開脚
足首は盲点。関節やわらかくして脚まっすぐに
え、股関節やわらかかったんだ。ヴィクトリア・ベッカムの開脚姿
ワイドスクワットだった。太ももの内側を引き締めてくれるのは
足元だけインパクト。奇抜なランニングシューズで街を駆け抜けたい
二の腕引き締める←トイレ行くたび壁で腕立て

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP