ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加齢・重力に負けない美バストづくり!“いつでもどこでも”若々しいバストラインに

DATE:
  • ガジェット通信を≫


加齢や重力に負けてバストがたるんで下に落ちてしまうのは、筋肉の衰えが原因。バストの土台となる胸の筋肉を鍛えて、胸周りを引き締めれば、お肉を引き上げることができます。若々しい上向き美バストをキープしましょう。

ハリのある美バストのベースをつくる

では早速、いつでもどこでも道具なしでデキル、簡単バストアップエクササイズをご紹介します。

(手順が1~11まであるので、少々難しく感じるかもしれませんが、基本的に同じ動きのパターンを繰り返しているだけなので、一度トライしていただければ簡単にマスターできますので、ぜひ試してみてください)


1:姿勢を正して両掌を胸の前で合わせます。(指先は上向き)そのままの姿勢で鼻から息を吸います。
2:ゆっくり息を吐きながら(鼻から口からどちらでもOK)7秒間、肘から真横に押し合います。

3:力を抜いてそのまま鼻から息を吸います。息を吐きながら両掌を右胸の前へ水平に移動させます。そのままの姿勢で鼻から息を吸います。
4:ゆっくり息を吐きながら(鼻から口からどちらでもOK)7秒間、肘から真横に押し合います。

5:力を抜いてそのまま鼻から息を吸います。息を吐きながら両掌を少し下に移動させて指先を下に向けます。そのままの姿勢で鼻から息を吸います。
6:ゆっくり息を吐きながら(鼻から口からどちらでもOK)7秒間、肘から真横に押し合います。

7:力を抜いてそのまま鼻から息を吸います。息を吐きながら両掌を左側へ水平に移動させます。そのままの姿勢で鼻から息を吸います。
8:ゆっくり息を吐きながら(鼻から口からどちらでもOK)7秒間、肘から真横に押し合います。

9:力を抜いてそのまま鼻から息を吸います。息を吐きながら両掌を少し上に移動させて指先を上に向けます。そのままの姿勢で鼻から息を吸います。
10:ゆっくり息を吐きながら(鼻から口からどちらでもOK)7秒間、肘から真横に押し合います。

11:力を抜いてそのまま鼻から息を吸います。息を吐きながら両掌を正面胸の前(最初のポジション)へ水平に移動させます。そのままの姿勢で鼻から息を吸って姿勢を整えます。ゆっくり息を吐いてリラックスします。

(これを1セットとして、1日に2~3セットが目安です)


お仕事の前後に1セットずつ行うと、姿勢が整うので集中力も出てきて、若々しい働きっぷりに評価も上がり、上司から褒められるかも?!

“いつでもどこでも”若々しいバストラインに!

このエクササイズは、“いつでもどこでも簡単”にできて、胸周りの筋肉を引き締めてバストアップに役立ちながら、姿勢を正す癖をつけるエクササイズにもなります!

バストアップのためには、良い姿勢づくりは必須です。バストと姿勢の関係は、また機会を改めてご紹介しますね。

次回は、私の30年の活動歴の中でクライアントさんから頂いたリクエストで、とても多かった内容についてご紹介します。感覚では、9割以上の人が気にしているのではないかと思われるパーツ。それは、ズバリ!“下腹ポッコリ・ボッコリ・ボヨン”に効果的なエクササイズ。

お楽しみに!マハロ~♪

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

毛穴レスの美肌を叶えてくれる!毛穴カバー効果の高いファンデ3選
【1分&簡単】もっと二の腕を引き締める「二の腕絞り」
【レシピつき】高タンパク&低カロリーのイカ!「タウリン」の脂肪燃焼効果でダイエット!
1分間の‟バンザイ呼吸”でウエストがキュッ♡くびれのある引き締まったモテ体型に!
【朝ヨガの魅力と効能】日の出とともに活力充電!体が目覚めるおすすめヨガポーズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP