体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

睡眠は「ツール」か「目的」か?理想のコントロール法を考える

f:id:kensukesuzuki:20160915154732j:plain

誰もが必ずとる行動のひとつ「睡眠」。

人間として生きる以上、睡眠は避けて通れません。

睡眠を十分とれなければ仕事のパフォーマンスは上がらないし、そもそも自分にとって最適な睡眠時間もよく分からないですよね。時には昼夜逆転してしまう人もいるのでは?

「どうせ眠るならば睡眠をツールと捉えれば良い」。そう語るのは、ユークロニア株式会社の代表であり、作業療法士の菅原洋平さん。

睡眠を活用して、自分のやりたいことができる生活を送るための秘訣をお聞きしました。「睡眠」というツールを日々活用したい人必見です!

「睡眠をマネジメントする」会社を立ち上げるまで

——菅原さんはどういった経緯で睡眠マネジメントに取り組むことになったのでしょうか?

大学の専攻が作業療法士なんですけども、勉強を進めていく中でフィジカルは単純だなと思ったんです。単純なものよりも、もう少し中身の見えないものを扱う方に興味が出まして、僕自身、脳の解剖もやっていたことと、心の病は脳疾患だということが分かってきた時期ということもあり、脳を勉強できる精神科からキャリアはスタートしています。

——起業に至ったのはなぜでしょう。

国立病院機構のてんかんセンターで仕事をしていた中で、患者さんの在院日数を分析していると、どういったタイプの人が長く入院しているのかが分かってきたんです。

それは、睡眠薬が処方されている人の在院日数が長く、回復が遅いということでした。さらに、どうやらよく寝させればよく回復するということも分かってきたのです。

医学っていうのは患者さん24時間のうち、対面している数分しか診れないんです。治療した後、その人がきちんと睡眠をとらなければ、その治療は活かされないということになります。

僕らがやるべきこととして、普段の治療を最も効率化させるためには、患者さんが確実に眠れるスケジュールを作ることなんじゃないか、ということが分かってきました。実際に睡眠スケジュール管理を導入していったら、お薬を使わなくても睡眠がとれ、回復が進むようになったのです。当時は「なんだこれは」みたいな感じで、病院の職員としては盲点でした。

病院の職員からすると、睡眠薬っていうのは下剤と一緒なんです。便秘ですって言ったら、「はい、下剤です」。眠れませんって言ったら、「はい、睡眠薬です」っていうぐらい、お薬を処方することでだけで対応しようとするんですよね。

だけど、患者さん主体で考えていくと、患者さんの脳や身体が回復していく時間帯を充実させようという発想が出てくるわけです。そういう観点から、そもそも私たちがしている治療法の見直しや、睡眠を法則化してことに取り組んでいきました。

f:id:kensukesuzuki:20160915155659j:plain

だけど、私が病院で勤めている限り、既に脳や身体に不調をきたしてしまっている人を常に相手にしなくてはなりません。

そうすると常に後手を踏んでしまうもどかしさがあり、なんとか先手が打てないかと考えるようになりました。

だから、それをひっくり返せばいいんじゃないかと思いつきました。日本医療の流れは診療して投薬、セルフケアして指導されるというものなんですが、そもそも僕がビジネスマンの現場である企業にいて、セルフケア術を医学的にサポートできれば、病院に来なくて済む人を増やせるんじゃないか、ということをベースプランに置きました。

セルフケアを最初に指導して、そこからはみ出た人を診療、投薬すれば医療費は減るはずです。そうしたビジネスプランを作って、起業しました。

企業における働き方全体を、生体リズムや人間の脳の仕組みに合わせて変えられれば、社員は出勤するだけでそ健康になれる仕組みになるだろうとという発想です。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。