ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電通、「機械知能」(MI)が生成するMV制作 ブライアン・イーノとのコラボ作を特設サイトで公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電通においてテクノロジー起点の新しい表現開発に取り組む制作チーム「Dentsu Lab Tokyo」(電通ラボ東京)は、世界的に著名な英国のミュージシャン、ブライアン・イーノとともに、人工知能(AI)の可能性を追求する先鋭的なプロジェクトを発足。イーノが作曲した最新楽曲「The Ship」に合わせて、映像が自動的かつリアルタイムに生成されるミュージックビデオを本プロジェクトの特設サイト上に公開した。

本プロジェクトは、AIを「人間の知能」と対比しその違いを際立たせるために「機械知能」(Machine Intelligence:MI)と名付け、機械が人間のようなクリエーティビティーを発揮できるかを模索するもの。具体的には、人類共有の外部記憶ともいえるインターネットから、20世紀以降のエポックメーキングな出来事を記憶として大量に学習させた機械知能を構築し、それが世界的な報道機関が運営するニュースサイトのトップニュースを見て、記憶と照らし合わせながら類似する事象を解釈し、映像を生み出していけるかどうかにチャレンジしたものとなっている。

特設サイトにおいては、来訪者ごとに視聴できるミュージックビデオが異なっている。これは各人がアクセスした瞬間に映像が生成されるためで、訪れる度に唯一無二の作品として、楽曲が持つ世界観とともに人々の感性を刺激し続けてくれる。

「The Ship Project」特設サイト
http://www.theship.ai

関連リンク

電通

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP