体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美味そうな“大阪めし”をリアルに描くマンガ家・はたのさとし氏インタビュー【ナニワめし暮らし】

f:id:Meshi2_IB:20160807165114j:plain

大阪の食文化は面白い。知れば知るほど面白いが、当の大阪の人々の多くにとっては“それが普通”であり、私にとっては驚くほど安くて美味いものでも、「え? こんなもんやでー」とみんな平然とした顔で食べていたりする。

お値打ち価格で満足いく味の料理を提供しているお店があふれている大阪にあって、「このお店のこれは最高! 絶対食べてみて!」というような熱量のある情報に出合うのは実はなかなか難しいのだ。

そんな中、大阪ならではのグルメを魅力的に描くマンガ『ナニワめし暮らし』は貴重な作品である。 ナニワめし暮らし(1) (アクションコミックス)

ナニワめし暮らし(1) (アクションコミックス) 作者: はたのさとし 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/09/28 メディア: コミック

双葉社が発行する月刊誌『週刊大衆ヴィーナス』に連載中の本作は、2016年7月現在、コミックスの第2巻までが発売されている。ストーリーは、ふとしたことから大阪のシェアハウスの管理人になった東京出身のデザイナーが、大阪独特の文化とシェアハウスの住人たちに振り回されながら「お好み焼き」や「肉吸い」と言った大阪特有のグルメと人情にどっぷりと浸かっていくという内容である。

作者・はたのさとしさんの画力がとにかく高く、作中で描かれる“ナニワめし”には圧倒的な迫力がある。この絵のすごさを感じていただくためだけにでも、手に取っていただきたい一冊である。

今回はその『ナニワめし暮らし』の作者である、はたのさとしさんにインタビューを敢行。マンガに対する思い、大阪グルメの魅力についてなど、気になることをいろいろうかがってみることにした。

グルメ漫画を描くとは思わなかった

はたのさんにインタビューの場所として指定してもらったのは、大阪市北区南森町にある某喫茶店。作品の中にもさらっと登場するお店で、はたのさんがマンガのネーム作りなどの際にも訪れる行きつけのお店だという。

穏やかで物腰の柔らかい印象のはたのさんに筆者の緊張も少し落ち着き、まずは、はたのさんと大阪の関わりについて尋ねることにした。というのも、『ナニワめし暮らし』の主人公である茶谷正彦は、ひょんなきっかけで東京から大阪に引っ越してくるという設定になっていて、ひょっとして作者のはたのさんも東京の方なのかもと思ったからだ。

f:id:Meshi2_IB:20160807164805j:plain

出身は和歌山で大阪府内には10年前から住んでいまして、そのうち大阪市内に引っ越して5年になります。(以下、はたのさん)

おお、大阪に長くお住まいなんですね。作中では、主人公の目に新鮮に映るものとして大阪の食文化が描かれているので、最近大阪に引っ越してこられたのかと勝手に想像していました。

ただ、大阪の面白い食文化が密集しているのはやはり大阪市内なので、市外から引っ越してくると結構驚きの連続なんですよ。

なるほど、そういうものですか。(ここで注文していた「ミックスジュース」と「玉子サンド」が運ばれてくる)

このお店のミックスジュースは個人的に大阪で一番美味しいんじゃないかと思っています。ほら、ストローが立つんですよ! 濃度がすごいんです(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20160807164836j:plain

ストロー立ってますね! シャリシャリした食感も素晴らしいです。こっちの玉子サンドもびっくりするような分厚さですね。

最初に頼んだ時は驚きました。軽食のつもりで注文したんですが、食べ終わるとほぼ満腹になります。

f:id:Meshi2_IB:20160807164850j:plain

玉子がふわふわで塩加減も絶妙です。美味しいですねー。

一見普通の喫茶店でもこういう印象的なメニューがあるのが大阪の面白いところだと思います。グルメ漫画を描き始めてからは街を歩いていて見る目が変わるというか、とにかく外食していても隅々までメニューを見てしまいます。端の方に面白いメニューがひっそり隠れていたりするので。

はたのさんは2012年にマンガ家として連載デビューされて、グルメをテーマにしたものは『ナニワめし暮らし』が初めてとのことですね。

以前は野球マンガを書いていました。その後にまた新しく連載の話をいただいた時、実はテーマは決まっていなくて、編集担当の方と話し合いながら、私はSFもののアイデアを持ち込んだりしたんですが(笑)、最終的には雑誌の傾向もあり“食”をテーマにすることになったんです。ただ、グルメ漫画はすでに素晴らしい作品が多数あるので、自分なりのオリジナリティーを出したいと考えているうちに、“大阪の食”でいこうということになりました。

作中に登場するお店や料理はどれも美味しそうで、私の知らないものばかりだったのですが、普段から食べ歩きをしているんですか?

友人と取材を兼ねて外食する機会を作っていて、主な情報源はそこですね。仕事とはいえ、美味しいものを食べに行けるので楽しいです。その中で、このお店を取り上げたいと思ったら改めて足を運んで、お店の方にできるだけたくさんお話を聞かせていただくようにしています。ただ単に美味しいものを紹介するだけのマンガにはしたくないのもありますし、そのお店の歴史を知るとストーリーが浮かんでくるんです。

はたのさんの絵はすごく綺麗ですが、特にやはり食べ物を描いた時のオーラがすごいと思います。食べ物を描く時にどんなことを大事にしていますか?

言葉にするのが難しいんですけど、強いてひとことで言えば“グルーヴ”です。その時、そのお店で、料理が目の前に運ばれてきた時の感動や、一口食べて「美味しい!」と強く思った時のその気持ちが反映された絵にしたいと思っています。ツヤや湯気の感じや、やはりパッと見た瞬間の印象を絵にする事が大事だと思うんです。

思わず食べたくなる! リアルな原画の数々

ここで、はたのさんの原画を見せていただく。

f:id:Meshi2_IB:20160807164923j:plain f:id:Meshi2_IB:20160807164932j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。