ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栄養だってあるんです。お砂糖は種類で使いかたを変えるのが◎

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お料理やお菓子作り、飲み物に入れて……。毎日のように使っているであろう調味料のお砂糖。摂り過ぎは良くないとか、ダイエット中には減らすべきとか、その程度の感覚であまり深く知る機会は少ないのでは? 実は奥が深いお砂糖について調べてみました。

こんなにあります! お砂糖の種類

日本でお砂糖といえば上白糖ですね。原料を加熱生成して取れたショ糖に転化糖と呼ばれる果糖やブドウ糖をまぶしてしっとりと甘く作られたもの。グラニュー糖は上白糖よりも粒が大きく高純度のお砂糖です。上白糖やグラニュー糖を取り出した後に残った糖液をさらに煮詰めて結晶にしたものが三温糖。黄褐色で特有の甘さとコクがあります。ザラメとも呼ばれる中双糖(ちゅうざらとう)はグラニュー糖よりも粒が大きく、表面にカラメルをかけた黄褐色のお砂糖。ゴロッと大きな黒砂糖はサトウキビの煮汁をそのまま煮詰めて製造されます。独特の甘さと風味が特徴。江戸時代からの伝統的な製法で作られている希少なお砂糖の和三盆は徳島県阿波産と香川県讃岐産のサトウキビだけを使っています。てんさいが原材料のてんさい糖にはオリゴ糖やミネラルが豊富に含まれているんですよ。

お砂糖にも栄養はあるんです

お砂糖の原料は基本的に「さとうきび」と「てんさい(砂糖大根)」の2種類です。さとうきびは沖縄などの暖かい地方で作られていて、体を冷やす作用があり、てんさいは北海道などの寒い地方で作られていて体を温める作用があります。同じ砂糖類でも真逆の作用があるのは面白いですね。お砂糖は糖質のかたまりですから、カロリーは高め。ご飯と同じ容量で比べてみると、砂糖はご飯の1.5倍のカロリーに換算されるそうです。上白糖やグラニュー糖、三温糖、中ざら糖の主成分は糖質ですが、黒砂糖、和三盆、てんさい糖にはナトリウム、カルシウム、カリウム、ビタミンB群などの栄養素が豊富に含まれていて、カロリーも少し低めです。

料理別おすすめのお砂糖

上白糖はクセがないので万能に使えますが、健康のことを考えるとミネラルが豊富で体を温めるてんさい糖を使いたいところ。スッキリとした甘さでどんなお料理にも合います。黒砂糖は濃厚な甘みとコクがあり、そのまま食べることもできますし、お菓子作りにもぴったり。煮物にコクを出したいときにはザラメや三温糖を使うと良いでしょう。グラニュー糖はクセがないのでコーヒーや紅茶の風味の邪魔をしません。

お砂糖も奥が深いです。次にお砂糖を買うときには上白糖以外のお砂糖も見てみてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP