ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米アマゾン、ウディ・アレンのテレビシリーズ『Crisis in Six Scenes(原題)』のトレーラーを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米アマゾンが、9月30日にストリーミングサービス配信を開始するウディ・アレンのテレビシリーズ『Crisis in Six Scenes(原題)』の初トレーラーを配信の2週間前に公開した。

トレーラーは、同番組が自己認識するような作品になることを堂々と示しており、劇中でアレンは、床屋で髪を切られている最中に、「テレビシリーズのアイデアをずっと考えているところなんだ」と、言う。

床屋は、「冗談好きな妻と子供やあれこれ言われ過ぎな夫が出てくるような、機能不全な家族の話?」と、質問する。アレンは言葉に詰まり、肩をすくめて認める。

『Crisis in Six Scenes(原題)』は、1960年代を舞台にする作品で、マイリー・サイラス演じるヒッピーのキャラクターに翻弄される、郊外に住むアレンとエイレン・メイによる家族の姿を中心に描かれる。

トレーラーで、サイラスはアレンに、「私はあなたが嫌いなんじゃないの…  あなたに関するものすべてが嫌いなのよ」と、言う。

アレンが脚本・監督を務めた同シリーズは6話から成り、1話は30分だ。この規模でアレンがテレビプロジェクトを手掛けたのは初めてだ。

レイチェル・ブロズナハンとジョン・マガロは、複数回に渡って登場するキャラクターを演じ、マイケル・ラパポート、マーガレット・ラッド、デヴィッド・ハーバー、クリスティーン・エバーソール、ベッキー・アン・ベイカー、ルイス・ブラック、レベッカ・シュル、ジョイ・ベハーがゲスト出演する。エリカ・アロンソンが、エグゼクティヴ・プロデューサーを務め、ヘレン・ロビンがプロデュースを手掛ける。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP