ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サチモスが「音の引き算」を参考にするアルバム

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜の深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」。木曜担当のナビゲーターはSuchmos。9月15日のオンエアでは、メンバーのYONCE(Vo)、TAIKING(Gt)、HSU(Ba)の3人が登場しました。

Suchmosイチオシの名盤を紹介するコーナーでは、ドナルド・フェイゲンの「The Nightfly」をピックアップしました。

スティーリー・ダンの元メンバー、ドナルド・フェイゲンが解散後、1982年にリリースした初のソロアルバムであり、当時としては珍しいデジタルレコーディングが採用された1枚でもあります。スタジオのマスタリングエンジニアやライブのPAもこのアルバムをかけて、その音を基準にしてスピーカーの調整をすることがあるのだとか。

同アルバムは、TAIKINGとHSUが一緒に聴いてハマっていたという思い出の1枚でもあり、“音楽オタク必聴の一枚”だと言います。Suchmosの曲作りにも影響を与えており、TAIKINGとHSUが提案する「音の引き算」(バンドサウンドのバランス)は、このアルバムのサウンドを参考にしているのだとか。「Suchmosが好きで聴いてくれてる人は、かなり腑に落ちるアルバム」(TAIKING)ということで気になるところです。

また、歌詞はドナルド・フェイゲンの若さを感じられる内容で、2枚目、3枚目のアルバムと歌詞の違いを聴き比べるのも面白いとか。Suchmosも影響を受けたというドナルド・フェイゲンの「The Nightfly」。ぜひ、チェックしてみてください!

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP