ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うどん県、要潤をふんだんに無駄遣いした新作動画公開 うどんをすする音で赤ちゃん泣きやむ説を検証

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や「うどん県」と言った方がピンとくる正式名称「香川県」が、昨年(2015年)から“うどん”の次に猛烈アピールしている「イクケン香川」というブランディングのPR動画続編を公開しました。

【関連:うどん県、うどんをすする「ずずず」音が赤ちゃんが胎内で聞く音に似てると気づく→要潤無駄遣いした新動画作ったンゴ!】

■前回のお話 うどんをすする音が「胎内音」に似てると言い出した

昨年は、「うどんをすする音は胎内音(赤ちゃんがお腹の中で聞く音)に似てるから子供が泣き止むよ!」という仮説をひっぱりだしてきて、同県PRを担当する俳優の要潤さん(うどん県副知事という位置づけ)を無駄遣いしたシュールなPR動画を公開していました。

一応「日本一子どもを育てやすい県」を目指しそれを県外にPRするための動画だったのですが、要さんの無駄遣いのされっぷり、さらには仮説が仮説なだけに「いいかげんうどんからはなれよう」などなどネットからも指摘されていました。

■今回はさらにパワーアップし「要潤をふんだんに無駄遣い」

あれから約1年。前回は要さん無駄遣いされてるなぁ。というちょこっと程度でおさまっていましたが、今作はさらにパワーアップし「ふんだんに無駄遣い」。「うどんのすする音で赤ちゃん泣きやむ説」を検証したそうです。

今回動画では泣いている10人の赤ちゃん一人一人の前で要さんうどんをすすります。真顔で……。するとあらふしぎ!10人中9人がぴたっと泣きやんでしまうのです。


前回仮説を裏付けるための検証動画となっていますが、みるかぎりは要さんの演技のたまものな気も。丼片手に神出鬼没。泣いている赤ちゃんいればどこでも現れ、うどんをすすりながら赤ちゃんの顔をみつめ近寄っていく……じーっと。

検証じゃなく力業にも思われますが、要さん渾身の演技は必見。ちなみに個人的には玄関モニターに顔を近づけるシーンで要さんが出演していた「タイムスクープハンター」(NHK)を思い出しました。こういう場面あったような無かったような……。同じ俳優さんだしそう見えるだけで多分思い違いでしょう。というかこの動画シリーズになったみたいですね。続編があるのかないのか、あったらどうなるのかも気になるところです。

関連記事リンク(外部サイト)

皇室警護専用のトヨタマジェスタ黒パトカーがミニカーで登場 1度限りの限定800台
話題の「宇治抹茶カレー」、食べてみたら想像以上に味が抹茶でビックリ
食べずに飾りたい!米国発の惑星飴にうっとりしちゃう

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP