体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神津島のおすすめ観光スポット14選

神津島のおすすめ観光スポット14選

皆さんは、太平洋に位置する「神津島」をご存知でしょうか?名前は聞いたことがあるけど、実際には、どんなところか知らないという方がほとんどではないでしょうか?

伊豆諸島の中ほどに位置するこの小さな島は、伊豆の島々を造った神々の集会所となったという言い伝えから、「神が集いし島」として「神津島」と名付けられたと言います。そして神津島の一番の魅力と言えば、壮大で美しく、神秘的な自然の数々!

 

今回は、神津島の必見観光スポットをまとめてみました。

*編集部追記
2017年4月の記事に新たに3選追記しました。(2017/12/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

神津島に行ってみての感想

photo by pixta

私が神津島を訪れたのは夏で、澄んだ美しい海と天の川が見える満天の星空が素晴らしく、日本にこんな素敵な場所があったんだと思わずため息をついてしまうほどでした。私と同じように観光に来ている人もいましたが、まだ穴場的なスポットであるためかあまり多くなく、ストレスなく観光が楽しめました。

 

新鮮な海の幸を使ったグルメもおいしく、お寿司や刺身定食は素材の素晴らしさがわかるレベルの高いものでした。この素材の良さはやはり、周囲を海に囲まれた神津島ならではですね!

 

ベストスポット

iinaさん(@iina_veganfoodcreator)がシェアした投稿 – 2017 8月 1 2:36午前 PDT

私がおすすめするのは、コバルトブルーの美しい海と潮の香りが楽しめる、赤崎遊歩道です。ここは入江となっているため、歩道から眺めを楽しむだけでなく海水浴もできます。私が訪れたのは夏だったため、きれいな海の中で泳ぐのはとても気持ちよかったです。

神津島の集落から赤崎遊歩道までは車で15分ほどです。レンタカーまたは村営バスを利用するのがおすすめです。

*編集部追記(2017/12/30)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1.赤崎遊歩道

miyuki.Hさん(@tracks.jp)が投稿した写真 – 2016 8月 8 11:10午後 PDT

海岸沿いに作られた「赤崎遊歩道」では、潮風の香りを感じ、美しい海を眺めながら、散歩を楽しむことができます。

透き通るようなコバルトブルーの海に、思わずうっとり…。ここから海にダイブもできるそうで、絶好の水遊び場となっています。
■詳細情報
・名称:赤崎遊歩道
・住所:東京都神津島村 神戸山
・アクセス:島内バス(200円)で神津島港から約15分
・公式サイトURL:http://vill.kouzushima.tokyo.jp/travel/watch.html

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。