ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SWシリーズ最新作『ローグ・ワン』は『ep4 /新たなる希望』の10分前までが描かれる?! 新ビジュアル解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョージ・ルーカスのアイデアから誕生した、『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』へと続く”アナザー・ストーリー”『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日(金)全世界で公開となる。新たなるSWプロジェクトに注目が集まるなか、”すべては、ここから始まる。“というコピーと共にティザーポスタービジュアルが解禁された。

ポスタービジュアルには、完成を目前に控えたシスの暗黒卿ダース・ベイダーを擁する帝国軍の究極兵器デス・スターと、美しい海辺には似つかわしくない重装備でありながら、凛々しく立ち上がる主人公ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)の姿が写る。

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』の少し前。『新たなる希望』では、あのレイアも所属していた反乱軍によるはぐれ者の寄せ集め極秘チームが全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うミッションに挑むというストーリーだ。これは、「97.6%の確率で失敗する」といわれるほぼ不可能といってもいいミッションである。

『新たなる希望』で、レイア姫がR2-D2に託した”デス・スター”の設計図。だが、そもそもレイア姫は、そして反乱軍は、いかにしてこの超極秘情報を入手することができたのか?─という、長きに渡る謎を解き明かす物語になる本作。先ごろUSのメディアが、「本作は『ep4 /新たなる希望』の オープニングの10分前までを描いている」と掲載し話題を呼んだが、本作の監督で、自他共にと認めるギャレス・エドワーズはその噂について、「『ローグ・ワン』が『新たなる希望』に繋がる出来事について描いている事は確かだ。『新たなる希望』の冒頭にどこまで近いかというと…、いや、やめておくよ、ネタばれになるといけないから、どこまで直前かは観客に本作を観てその目で確かめて欲しい」と際どいコメントを残している。彼の言葉通り、本作では「スター・ウォーズ」伝説の”最初の謎”がドラマチックに解き明かされる。そう、全ての原点が明らかになるのだ!

『新たなる希望』のオープニング・クロールや、『新たなる希望』におけるダース・ベイダーのセリフのいくつかから誕生したこの物語は、ジョージ・ルーカスの「〈スター・ウォーズ〉の世界には、別の形で語られるべき物語がある」という長年の想いが結実した作品でもある。生きていくためなら、窃盗、暴行、書類偽造もはばからない “やんちゃ”なヒロイン、ジン・アーソを中心に、謎に満ちたジンの父親への愛と葛藤、そしてフォースや特殊能力を持たない銀河の歴史に埋もれていた“名もなき戦士たちの誇り高き闘い”に光を当てた、まさに「始まりの物語」にしてもう一つの〈スター・ウォーズ〉の物語だ。

そんな本作は、壮大なの世界に躊躇してしまっていたビギナーには、入り口となる作品として大きな役割を果たし、SWファンにとっては伝説の原点の謎が解明される待望の映画となるだろう。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日(金)全国ロードショー

©Lucasfilm 2016


■『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイト
starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

関連記事リンク(外部サイト)

誘拐一家の凶行を描く『エル・クラン』より生々しすぎる現場写真到着 これが恐怖の「監禁部屋」だ!
MTVの祭典「ビデオ・ミュージック・アワード」での衝撃的な瞬間ベスト5!
世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
ゴジラのアニメ映画『GODZILLA』2017年全国公開!虚淵玄がストーリー原案・脚本を担当
【リオ五輪】可愛すぎると話題のオーストラリアのハードル選手、インスタグラムに投稿したある写真が話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。