ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【PSVR】VRで女の子とコミュニケーション 『サマーレッスン』は継続的なプロジェクトへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バンダイナムコエンターテインメントは2016年9月15日、東京ゲームショウ2016サマーレッスン:TGS 2016 Study Stage – 発売間近!最新情報トークステージにて、PlayStation VR(PSVR)向けタイトル『サマーレッスン』に関する新発表を行いました。

『サマーレッスン』は、2014年の発表以来、技術デモという形でイベント等で展示されてきました。10月13日のPSVR発売に合わせて、基本ゲームパックである『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』をリリース。その後も開発・配信していく継続的なプロジェクトとして改めてスタートすると発表しました。

ステージではメインキャラクターである“ひかり”の設定と、ゲームの概要が紹介されました。

設定は「夏も終わり頃、ひかりちゃんはとてもヤバい(成績が悪い状況。ピンチヒッターとして家庭教師のあなた(ユーザー)が呼ばれる。」と同作品のプロデューサー原田氏は語りました。

7日間で成績を上げるために色々なことを教えていくというゲーム内容になります。また、教える科目によって、ひかりちゃんの反応も変わるとのこと。

ゲーム自体「キャラに関係なく、VRならではの楽しさが感じられると思う」と玉置氏。

本コンテンツは、VR専用ゲーム。起動からプレイ・終了まで全てVR内で体験できます。

発表の場でゲストとして登壇した、ザ・グレート・サスケ氏は、『サマーレッスン』を体験中、娘や姪と話すように終始ひかりちゃんに話しかけていました。体験後、「今まで体験してきたものとは違っていた。(VRは)3D映画のようなものだと思っていたが、種類が違う。いま(PSVRを)外したばかりだが、もうひかりちゃんに会いたくなっている」と感動した様子。

開発プロデューサーの原田氏、開発ディレクターの玉置氏によると、技術的に発見したことを随時盛り込んでいき、情報を随時公開していく、と意気込みを見せていました。

ステージでお披露目された今後のシーン等を紹介します。

イチゴのケーキをフォークにさしてこちらに向けるひかりちゃん。

高台の神社で。いつもより服装がスポーティ。何をしているのでしょうか。

話題になっているメイド服。メイド喫茶ではない!と原田氏。詳細はまだ先のようです。

撫子の浴衣を着たひかりちゃんと花火を一緒に見るシーンも。

特別初公開。イヤホンを一つずつ分け合って聴くシーン。

2013年のプロジェクト開始から、苦節3年。ステージ上で、度々「どうしたらいいか考える期間が長かった」「当初はVRなんて総すかんだった」と開発の苦労が垣間見えました。

夏が終わった後は秋、冬、春と年中イベントがあります。長期的に楽しめるプロジェクトとして、ひかりちゃんとどんな時間を過ごせるのか期待が高まります。

なお、東京ゲームショウ2016ではホール10・VR体験ゾーンにて、サマーレッスン製品版の一部体験ができます。整理券の競争率が激しいことは確実ですが、気になる方は足を運んでみてはいかがでょうか。

東京ゲームショウ、PSVRとHTC Viveの整理券入手方法
http://www.moguravr.com/tgs2016seiriken/

整理券配布所は1~8ホール側の初回入場口に設置。
3番が『サマーレッスン』です。

・PlayStationStore 『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』(基本ゲームパック)予約ページ
・バンダイナムコエンターテインメント東京ゲームショウ2016特設サイト

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。