ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずか12gの財布に、世界から熱視線が

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多いが、ボタンを閉めようものならキツく感じるだけでなく、シルエット崩れにもつながりかねない。

そこでこの「Decadent Minimalist」の出番。ミニマリスト、なんてワードが入っている通り、あなたの生活をシンプルに変えてくれる財布だ。

米国「Kickstarter」で
7,000万円の調達に成功

カードや現金で丸まると太った財布が、同じ内容でもこんなに薄く、軽くなる。

ホルダーの種類によってさまざまだが、収納可能なカードは最大12枚。それに、マネークリップを取り付ける仕組み。重さわずか12g。

ただシンプルなだけで、使い勝手が悪いのであれば問題外。でも、この通りスライドするだけで目的のカードを探し出せるのが嬉しい。お目当ての一枚を抜き取るために、一旦すべてのカードを取り出す必要はない。

スーツスタイルだけでなく、ランナーやサイクリストにもオススメ。

開発はスタンフォード大学

実は「Decadent Minimalist」は、あのスタンフォード大学の研究室から生まれたプロダクト。アルミの鋳物や金型で作ったものでは、適切な強度を出すことができないため、アルミブロックの塊から1つずつ削りだして製作する。

本プロダクトは、クラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて購入可能。現時点での価格は6,980円から。ちなみに、世界最大のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、7,000万円以上の資金調達に成功したのだとか。Licensed material used with permission by Makuake

関連記事リンク(外部サイト)

ポケットに入れたのを忘れるほど薄い財布「Bellroy」
【感動】小さな子どもは、「お財布を落とした人」に気づいたらどうするか?
世界中で拾った段ボールが、財布として生まれ変わる「Carton」って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。