ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone 7でふたたび注目を浴びる「FeliCa(フェリカ)」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhone 7の登場で、いよいよiPhoneも「おサイフケータイ®」のように使える日がやって来た。そこで話題になっているのが「FeliCa(フェリカ)」だ。聞いたことはあるけど、うまく説明できない方も多いのではないだろうか。「FeliCa」とはなにかをわかりやすくまとめてみよう。

あなたはすでにFeliCaを使っている

すでにあなたはそのFeliCaのテクノロジーの恩恵にあずかっているかもしれない。

あなたはSuicaをお使いだろうか? あるいはnanacoやWAON、楽天Edyなどはどうだろう? 多くの人はこれら交通系ICカードや、電子マネーを利用しているはずだ。

実は、これらはすべてFeliCaを搭載している。FaliCaとは、「ICカードと瞬時に情報をやりとりする無線通信システム」のことなのだ。そのFeliCaのテクノロジーが今回、iPhone 7に組み込まれたという。

FeliCa対応の電子マネーとは?

では、FeliCaの通信技術システムが搭載されている電子マネーには、どんな種類があるのだろうか?
【FeliCa対応の主な電子マネー】※2016年9月現在

・Suica、PASMO、ICOCAなどの交通系ICカード
・楽天Edy、nanaco、WAONなどのプリペイド型電子マネー
・QUICPay(クイックペイ)、iDなどの後払い方式の電子マネー

そのほかにも、空港での搭乗手続きや自動販売機、さらには会員証やポイントカードまで、さまざまな場所でFeliCa対応のICカードを利用することができる。

iPhone 7では、Suica以外の交通系ICカードやプリペイド型の電子マネーなど、まだ対応していないものもあるが、今後、どんどんアップデートしてくれることを期待しよう。

電車に乗るのも、コンビニでおにぎりを買うのも、スーパーで野菜とチーズを買うのも、愛車にガソリンを入れるのも、ドラッグストアでかぜ薬を買うのも、FeliCa対応端末ひとつあればとても便利。いずれ外出するときに財布やクレジットカードは不要になる時がくるだろう。

(写真提供・ソニー株式会社)

FeliCaって一体、どんな仕組み?

では、FeliCaとは一体、どんな仕組みになっているのだろうか?

たとえばSuicaなどの交通系ICカードの中にはアンテナと超小型のICチップが入っている。一方、リーダー/ライターと呼ばれる、ICカードを読み取る側の自動改札機にはコントロールボードという電子回路基板とアンテナが入っている。そして、「かざすICカード」と、「かざされるリーダー/ライター」との間で、無線通信が行われるのだ。

ICカードとリーダー/ライターの仕組み。(図版提供・ソニー株式会社)

ICカードには電源が入っていない。電気がないのにどうやって通信するのかというと、電源につながっているリーダー/ライターからたえず出ている電磁波に秘密がある。リーダー/ライターにICカードがかざされると、つまり至近距離をICカードが通過すると、放射されている電磁波がICカード内に電気を発生させる。そしてICカードは一瞬だけ、生命力を取り戻し、通信をするのだ。

わずか0.1秒のピッで通信完了

FeliCaのすごいところは、ICカード内のデータ(あなたの名前や使用履歴など)を読み取り、そしてICカードに再び書き込むのに必要な時間がわずか0.1秒だということ。瞬時にピッとデータ交換がおこなわれ、しかも情報が盗まれたり間違われたりしないように、いちいち暗号化もされるという超高速の仕事っぷり。そして、読み取られたあなたの情報はリーダー/ライターが接続しているネットワークを通じて、遠くにあるデータベースとやりとりされる。

FeliCaでは、約0.1秒という超高速で、上の図の①〜③までが行われる。(図版提供・ソニー株式会社)

これで、FeliCaの仕組みはなんとなくわかっていただけただろうか。おサイフケータイ®は、このFeliCaのICカードの中に入っているICチップを、携帯端末の中に組み込んだものだ。だから、Suicaのように、自動改札機の上に携帯端末をかざすだけで電車に乗れるのである。

FeliCaの意味は「至福をもたらすカード」

FeliCaの誕生は古く、最初に採用されたのが香港の交通系ICカードの八達通(オクトパスとも呼ぶ)で、1997年のことだ。Suicaの登場はその4年後の2001年。その後は日本とアジアを中心に、FeliCa方式のICカードは爆発的な勢いで普及していった。ちなみにFeliCaの名前の由来だが、「至福や歓喜」を意味する「Felicity=フェリシティ」と「Card=カード」を合わせたものだという。「至福をもたらすカード」というわけだ。

世界初のFeliCa式ICカードである香港の「八達通(オクトパス)」。申年の2016年向け限定カードだ

FeliCaのように、10cmほどの短い距離間で無線通信しあうテクノロジーをNFC(近距離無線通信技術)と呼ぶのだが、ヨーロッパやアメリカではFeliCaとは別のMifare(マイフェア)という方式が主流だ。これまでのiPhoneのApplePay機能もこのMifareのみの対応だった。だが、このFeliCaのテクノロジーが、iPhone 7の内部に組み込まれたいま、FeliCa方式が普及している日本でもApplePayがとても便利に使えるようになった。まさに「フェリシティ(至福)」の到来だ。

関連リンク

FeliCa
au おサイフケータイ®
Apple Pay

関連記事リンク(外部サイト)

「iPhone 7」でiPhoneライフが大きく変わる!?
ソニーがスマートウォッチに一石を投じた「wena wrist」が、クラウドファンディングを経て商品化
【TSおもちゃ部】ハイテクおもちゃ最前線! 東京おもちゃショー2016に行ってきた

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP