体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外から理解されにくい日本の伝統色〜白黒はっきりしない文化がここにも!〜

日本の色彩は、海外のそれより淡く優しい色合い。名称にも風情を感じます。なかでも英語で説明しにくい日本ならではの伝統色を、名前の由来とともに5種類挙げてみました。

■あわせて読みたい
海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜
海外から理解されにくい日本語の「味覚」3選〜「滋味」って何!?〜
海外から理解されにくい日本語の「食感」5選〜「ふわとろ」って何!?〜

浅葱色(あさぎいろ)

大切にしたい、日本の伝統色5色~英語で説明するのが難しい!~
(C) colordic.org

青とも緑ともつかない、浅葱色。薄い葱(ねぎ)の葉のような色をしているので、こう呼ばれます。日本をはじめアジアで食べられている葱(Welsh onion)は、西洋の葱(LeekやGreen onion)と種類が異なります。ですから「葱の葉の色」と説明しても、西洋の人たちの頭に浮かぶのは少し違う色かもしれません。

大切にしたい、日本の伝統色5色~英語で説明するのが難しい!~
こちらは日本の葱(Welsh onion)。

大切にしたい、日本の伝統色5色~英語で説明するのが難しい!~
こちらが西洋の葱(右上がLeek、真ん中がGreen onion。左下に見えるのは、同じ葱属であるニンニクですね)。

浅葱色は、新選組の袴の色としても知られています。もとは切腹する武士が来ていた裃(かみしも)の色。また田舎侍の着物裏の色でもありました。

鴇色(ときいろ)

大切にしたい、日本の伝統色5色~英語で説明するのが難しい!~
(C) colordic.org

見るだけで気持ちが華やぐような、優しい薄紅。鴇色はその名のとおり、日本を象徴する鳥である鴇(とき)の羽の色に由来します。今では日本で見ることさえ難しくなってしまった鳥の羽の色を、英語で表現するのは至難の業でしょう。

大切にしたい、日本の伝統色5色~英語で説明するのが難しい!~
鴇は桃花鳥とも呼ばれます。その名を冠した鴇色は、まさに桃の花のような美しさ。「桃の花の色」と説明すれば、わかってもらえるでしょうか。

大切にしたい、日本の伝統色5色~英語で説明するのが難しい!~
また鴇色は、乙女色(おとめいろ)と呼ばれることもあります。そういえば、乙女の紅潮した柔らかなほっぺたを想起させる色合いです。江戸時代から、若い女性が好んで使っていた色でした。

団十郎茶(だんじゅうろうちゃ)

大切にしたい、日本の伝統色5色~英語で説明するのが難しい!~
(C) colordic.org

やや明るく温かみのあるこの茶色は、団十郎茶と呼ばれます。歌舞伎役者の市川団十郎が代々用いた、成田屋の色。ベンガラと柿渋で染められており、江戸時代に流行しました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。