ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタン・リーを主人公にした映画を米20世紀FOXが開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米20世紀FOXが、『トワイライト』シリーズや『メイズ・ランナー』シリーズのプロデューサーとして知られる製作会社テンプル・ヒルのメアリー・ボーウェン、ウィク・ゴッドフリーと共に、スタン・リーについて描く映画プロジェクトの開発を始めた。

米FOXは、リーの人生を映画化する権利を獲得したが、同プロジェクトの概要は明かされておらず、脚本家や監督、俳優はまだ決定していない。マット・ライリーが、米FOXでの同プロジェクトを統括する。

リーは、1922年にニューヨーク・シティでスタンリー・リーバーとして生まれた。リーは、1939年に叔父のロビー・ソロモンのアシスタントとしてタイムリー・コミックスで働いたことによって出版界に入り、1941年に臨時の編集者となり、3年間を米陸軍で過ごした。

1950年代後半と1960年代前半に、リーとアーティストのジャック・カービーは、マーベルのために『ファンタスティック・フォー』を創作し、『ハルク』、『マイティ・ソー』、『アイアンマン』、『X-Men』、『アベンジャーズ』を手掛けた。また、ビル・エヴェレットと共に『デアデビル』を創作し、スティーヴ・ディッコとは、『ドクター・ストレンジ』、『スパイダーマン』を手掛けたほか、ほぼすべてのマーベルのシリーズ作品を編集し、プロモーション用のコピーを書き、いつも彼のモットーである「より高く!」と、締めくくった。

リーは1981年に、マーベル作品のテレビシリーズ化と映画化のためにカリフォルニアに移り、マーベルのキャラクターをもとにした多くの作品で、エグゼクティヴ・プロデューサーを務めた。またリーは、マーベルの映画作品や他の映画作品でもカメオ出演したり、パウ!エンターテイメントでプロジェクトの開発を続けている。

テンプル・ヒルは、アカデミー賞を獲得したドキュメンタリー映画『アンディフィーテッド 栄光の勝利』をもとにした映画を開発中だ。同社はこれまでに、映画『きっと、星のせいじゃない。』、映画『ロンゲスト・ライド』、映画『ペーパータウン』、これから公開を控える映画『Power Rangers(原題)』を手掛けた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP