ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カープ優勝でパレード見られるマンションがバカ売れとの情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カープの25年ぶりの優勝が決まり、お祭り騒ぎが続く広島。

「どの店もお祝いの『赤い樽酒』を買いこんで、客にふるまいよるんじゃ。こんなめでたいことはなかなかないけェ、みんなぶち騒ぎよる」(広島在住の50代男性)

 カープの前回優勝時に、1軍投手コーチだった安仁屋宗八氏も喜びを隠せない。

「マエケン(前田健太)が抜けた穴を埋めようとチーム一丸となって勝ち取った優勝だ。野村祐輔を筆頭に若手がよく頑張った」

 カープ芸人として知られるザ・ギースの尾関高文も上気した顔でこう話す。

「25年間溜まったものがようやく吐き出せた。優勝パレードを上から一目見ようと、パレードが行なわれる予定の平和大通りにある高層マンションが、売れに売れているそうです」

 にわかには信じ難い話だが、それぐらい盛り上がっており、まさにカープ一色。他の11球団と比べても、県民の熱狂度は異彩を放つ。

 まず目立ったのはファンの「数」だ。今年は球場を赤く染める“カープ民族の大移動”が他球団の大いなる脅威となった。

「今年は神宮やハマスタ、甲子園でもスタンドが真っ赤。昔は敵地の場合、ファンは球場のトイレで地味に着替えていたが、いまは大阪や東京でも堂々とユニフォームを着て電車で球場に来る。赤一色のスタンドでプレーするカープの選手は、実に気持ちが良いでしょう」(前出・安仁屋氏)

※週刊ポスト2016年9月30日号

【関連記事】
「カープ女子」流行語トップ10 広島OB安仁屋氏「隔世の感」
カープ女子増殖についてOB・安仁屋氏が目を細めしみじみ語る
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP