ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松坂桃李と高岡早紀 韓国料理店での濃密会話一部始終

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 松坂桃李(27才)と高岡早紀(43才)が出演した舞台『娼年』が9月15日、大好評のなか幕を閉じた。激しいベッドシーンもありR15指定になるなど、スキャンダラスな話題も振りまいたが、その裏側では松坂と高岡が急接近していたという──。

 東京公演初日の1週間前。舞台の稽古も大詰めを迎えていたある夜、ふたりは都内の繁華街から1本入った路地裏にひっそりと佇む、韓国料理店にいた。ここは高岡の行きつけの店。店員が「いつも同じ注文ねぇ」と高岡に話しかける。

高岡「そうなのよー。じゃあ今日は別のものにしようか」
松坂「ハイボールで」
高岡「私もそうしよっと。何食べる?」
松坂「う~ん、チヂミかな」
高岡「私も同じこと思ってた」

 白いTシャツ姿で少し長めの前髪を流した彼を見つめながら、高岡の笑顔がはじける。

高岡「今の私大丈夫? スッピンだから恥ずかしい」

 両手で顔を覆い隠すそぶりを見せる高岡に、松坂は笑顔を返す。

高岡「楽しい? 私は楽しい。今日ご飯食べるの楽しみにしてたよ」
松坂「楽しいよ、もちろん」
高岡「早い者勝ち。こういうのって言ったもの勝ちよ!」

 自然体で会話する高岡に、はじめは周囲の客を警戒している様子だった松坂の口数も徐々に増えていく。

松坂「相手の女優さんを素敵にさせてあげるのが、俳優の仕事だって思うんだよね」
高岡「それは基本だよね。とても大変なことだけど」
松坂「相手役を輝かせて、どうきれいに見せてあげるか。それを本気で考えている人に勝る人はいない」

 俳優としての理想像を熱く語る松坂。にわかにまっすぐな視線を高岡に送る。

松坂「その点、俺らって信頼しあってお芝居できてるよ」
高岡「うん、できてる。できてるよ!」

 声を弾ませる高岡。敬語とタメ口が交ざり合い、16才の年の差が少しずつ消えていく。会話とお酒は進む。

松坂「そこにホクロあるよね」
高岡「いやらしいところにあるでしょ? 背中はないのよ。背中は、ね?」
松坂「もう1回」

 松坂のリクエストに、高岡はもう一度しっとりとした素肌の背中を見せつける。

松坂「俺もね、あるよ」
高岡「腰にでしょ? あれは今日気づいたんだけど」

 舞台で互いの体を確かめあったふたりにしかわからない会話が続く。

高岡「なんかこういう時間が疲れを癒してくれるよね」
松坂「…言うの恥ずかしいからやめた」
高岡「なあに? 言ってみて」
松坂「…こんなに素敵ないい時間はないですよ」

 恥ずかしさからか、少し鼻にかかった声でそうもらした松坂。照れ笑いを浮かべ、少しの沈黙が流れる。声のトーンを落とすと真剣な様子で彼女が口を開いた。

高岡「普通にいちばん困るのは年齢…」
松坂「それは年齢差? それとも今の年齢?」
高岡「年齢差は関係ないよ。単純に考えて、今の年齢はどうなのかなって」
松坂「俺は思わない。一緒にいて楽しいし…うん、思わない。個人的には思わないけど、もしそうなら俺が年齢を重ねればいいのかなって」
高岡「でもそうしたら、私も年齢を重ねるんだけど…困るよ、本当に」
松坂「困ればいいよ。俺はあなたを困らせたい」

 松坂のストレートな言葉に、高岡は驚いたような表情を見せた。

 入店してから3時間半、ふたりだけの濃密な時間は続いた。深夜2時の閉店時間を迎えると、5分ほどの時間をあけて高岡、松坂の順に店を後に。それぞれ帰途についた。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

【関連記事】
R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜
示談成立で不起訴の高畑裕太 逮捕当日何があったのか
水卜麻美アナに来年3月退社説浮上で日テレに衝撃

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP