ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

未来の天才はここから生まれる!?発達障害児の才能を伸ばすウェブサービス「Branch」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先天的な脳の機能障害によって起る、発達障害。特別な治療法はなく、一般的な集団生活は難しいと言われている。しかし、その反面驚くべき事実が。こうした障害のある子どもは、興味関心のある事柄に対して異常な集中力を示すため、その分野において天才的な能力を発揮することもあるというのだ。

そこに着目したウェブサービスが、Makuakeに登場。アスペルガー症候群やADHD(注意欠陥・多動性障害)といった発達障害児と、その子たちが興味を示す分野の学生・専門家をマッチングさせ、才能を伸ばす「Branch(ブランチ)」だ。

・オリジナルカリキュラムで発達障害児の才能を伸ばす

誕生のきっかけとなったのは、運営者のご子息。アスペルガー症候群/ADD(注意欠陥症)と診断された我が子が、言語に関して非常に高い知性を示したため、そこを何とかして伸ばしたいと、思ったところから始まったそう。

利用の流れは、次の通り。例えば登録したユーザーが、「〇月〇日に、うちの子を見てほしい」という希望を出す。すると、その日都合のつくサポーターが、指定された日時に訪問。その子の興味関心分野について、オリジナルカリキュラムを作成するというシステムだ。

・Makuakeでの資金調達も順調

1回の料金は、1時間あたり2000円〜1万円。これに、交通費1000円が加算される。ただし、時間単位の費用はサポートする人物によって異なるという。

サポートに当たるのは、東大をはじめとする一流大学の学生、その道に長けた専門家など。周囲から孤立しがちな発達障害児に寄り添い、秘めた才能を伸ばすお手伝いをしてくれる。

クラウドファンディングでは、すでに目標額の127%を達成。現在も順調に支援者を集めている。公開は、10月27日まで。支援は、3000円から受け付けている。

Branch/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP