体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

病院のことは医師に聞いてみよう!内科医が選ぶ良い病院の条件

生活・趣味

病院のことは医師に聞いてみよう!内科医が選ぶ良い病院の条件
今や飲食店の口コミサイトのように、医療機関もサイトや口コミで選べる時代になってきました。

しかし、本当に自分に合った病院を探すために、どのようなことを条件とすればよいのでしょうか。

そこで今回は内科医の先生に選んでもらった「良い病院の条件」をご紹介します。

内科医が選ぶ「良い病院の条件(医師編)」

病院のことは医師に聞いてみよう!内科医が選ぶ良い病院の条件

その都度説明をきちんとしてくれる

これは基本的なことですが、とても大切なことですね。

説明がわかりやすい

難解な医学用語を患者さんの説明につい使ってしまう医師もいます。

検査結果などを見せたうえで説明する

コピーなどもらえると、後で調べたりするのも容易ですね。

患者さんの顔を見て丁寧に話をする

たくさんの病院が電子カルテになったこともあって、医師が最初と最後だけしか顔を見なかった、という話を聞くこともありますね。

診断や方針が明確である

非常に大切なことですね。病名がはっきりしない場合は、どのような病気の可能性があるのかだけでも言われたほうが安心しますよね。

内科医が選ぶ「良い病院の条件(看護師編)」

病院のことは医師に聞いてみよう!内科医が選ぶ良い病院の条件

テキパキ作業をする

たまにマイペースな看護師さん、仲間とのおしゃべりのおおい看護師さんもいますね。

しっかり患者さんの名前などを顔を見て確認する

きちんと本人の目を見て確認することは事故を防ぐうえでも基本です。

温かみのある、優しい対応をする

痛みの具合や部屋の温度など、広範囲に気配りのできる優しい看護師さんだと治療もかなり苦痛が軽減することがあります。

処置に関してきちんと説明する

何のためにその処置をするのか、簡潔にでも説明はほしいですね。

必要に応じて医師との架け橋になってくれる

特に入院中などは医師と面談するほどではないが、「言っておいてほしいこと」があることがありますね。

内科医が選ぶ「良い病院の条件(病院内の環境・設備編)」

病院のことは医師に聞いてみよう!内科医が選ぶ良い病院の条件

設備が整っている

ある程度は院内で検査が受けられると入院中などは安心ですし、楽ですね。

バリアフリーである

科などにもよりますが受診する患者さんの目線で作られていてほしいですね。

清潔な環境である

基本ですね。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会