体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憧れの湘南呑み♪酒造から生まれたモキチ・フーズガーデンへ行ってきた【神奈川】

憧れの湘南呑み♪酒造から生まれたモキチ・フーズガーデンへ行ってきた【神奈川】 モキチ・フーズガーデン

こんにちは。海沿いR134号線で青春時代を過ごしたライター鈴木です。

今回紹介する舞台はサザンのボーカル桑田佳祐さんの地元でもある、湘南・茅ケ崎。「希望の轍」が発車メロディーの茅ケ崎は、いつ来ても「夏」を匂わせる特別な場所なのです。今回は「夏の疲れを美味しいお酒で癒されたい」そんな酒好き読者にオススメのお店を紹介します。

茅ケ崎駅から歩いて約5分。閑静な住宅街の中に巨大なヤシの木が現れたら到着。巨大なヤシの木

巨大なヤシの木。緑のトンネルをくぐる気分で

こちらが湘南唯一の酒造が運営するレストラン「モキチ・フーズガーデン」。お店の周りはたくさんの木々で覆われているので人の目も気にならないし、お酒を呑めば、住宅街であることもすっかり忘れてしまいます。テラス席 グリーンに囲まれたテラス席テラス席

反対側のテラス席は、席数も多く開放的

何度もリピートしたくなる理由

モキチ・フーズガーデン

木製の重い扉を空けていざ店内へ

この夏だけで既に4回の訪問をしている私ですが、リピートしたくなる理由はズバリ、湘南で作られたお酒が飲めること。それだけじゃありません、開放感があるのに古民家のようにあたたかく、ついつい長居してしまう居心地の良さ。つまりは癒されに来ているわけです。

カフェでゆったり過ごしたり、ビールやお酒が大好物な人はもちろん、古民家やアートが好きな人でも一度は行ってみる事をおすすめします。

古いものを大切に。145年続く老舗「熊澤酒造」

熊澤酒造

「古いものに価値がある」を大切にしている熊澤酒造

モキチ・フーズガーデンを運営する「熊澤酒造」は明治5年創業、145年も続く老舗の酒造です。「天青」という日本酒を筆頭に「湘南ビール」というクラフトビールも造っており、湘南エリアに全部で5店舗のレストランやカフェを展開しています。

戦前からある小麦の製粉工場跡地をリノベートして作られた「モキチ・フーズガーデン」は、天井がとにかく高い!黒く巨大な精米機がお店の中央に鎮座した、ダークブラウンと白が基調の古民家風の店内。

席数も120席と広く、ほとんど段差もないフラットな造りを活かして、結婚式や同窓会、企業のパーティースペースといった様々なシーンで使われているようです。併設したベーカリーではビールや酒粕を使ったパンを販売しており、これを目当てに来店する人もいるのだとか。もちろんレストランでも注文できます。モキチ・フーズガーデン
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会