体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「本当に大切なもの」を見失ったとき読みたい、ブッダの10の教え

「本当に大切なもの」を見失ったとき読みたい、ブッダの10の教え

ことば、愛、友情、そして幸せ。いずれも人生における大切なキーワードですが、忙しい毎日のなかでは、つい見失いがちです。そんなときブッダの教えは、本当に大切なものはなんだろう?と改めて気付きを与えてくれるんです。そんな普遍的なものだからこそ、欧米でも人気があると言われています。

Higher Perspective」で紹介された記事では、インドでダライ・ラマの講義に参加したライターが、その教えをまとめていました。

01.考えは言葉となり人を勇気づけときに傷つける

「本当に大切なもの」を見失ったとき読みたい、ブッダの10の教え

言葉には、破壊する力と癒す力がある。その言葉が真実で、優しいものであった場合、それは世界を変える力があるのだ。

考えていることが、あなたのすべてをつくる。心こそ、すべて。想像した通りになるのだ。

私たちが発する言葉とは、誰かに良い影響も悪い影響も及ぼす。だから、人に思いやりを持って言葉を発しよう。

怒りを叱られることはない。怒りによって叱られるのだ。

すべての悪行は、心から生まれる。心が生まれ変われば、悪行を行うだろうか?

私たちは想像しているものにしかならない。心が純粋で、喜びに溢れているのなら幸せは影のように決して離れることはない。

自分ができると思っているから、可能になる。

02.幸せは分かち合うもの

「本当に大切なもの」を見失ったとき読みたい、ブッダの10の教え

1,000本のロウソクが、1本のロウソクによって灯されることもあるが、それによってロウソクが短くなることはない。人生も同じ。幸せは、分かち合うことで減ることはないのだ。

03.恐怖からの解放

恐怖を持たず生きよう。どんな人になれるか怖がらず、人に助けを求めるな。すべての助けを拒んだ時、あなたは解放されるのだ。

04.自分の信じたことが真実になる

「本当に大切なもの」を見失ったとき読みたい、ブッダの10の教え

長く隠すことができない、3つのものがある。太陽、月、そして真実だ。

自分が納得しなければ、たとえ何を読もうと、誰が何と言おうと信じることはない。

何かを聞いたからと言って、すぐに信じることはやめなさい。多くの人が話し、噂しているからといって、信じることはやめなさい。あなたの信じる宗教の経典に書かれていたからといって、信じるのはやめなさい。先生や年上の人など権力のある人が言ったからといって、信じるのはやめなさい。長い間受け継がれてきたことだからといって、信じるのはやめなさい。自分で分析し、あなたが同意した上ですべての人にとって良い影響をもたらすのなら、受け入れて尊敬しなさい。

05.他の人から愛されるより自分を愛そう

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。