体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おっきいの……大好き♡ 店名に偽りなしの巨大お好み焼き&焼きそば「ジャンボ」【京都】

f:id:mesitsu_la:20160823081953j:plain

学生の胃袋と心を満たして40年!

こんにちは、メシ通レポーターの泡です。日々のささやかにしてわがままな願いは「おいしいもので腹いっぱいになること」。そのために生きていると断言するに、やぶさかでありません。

そんなデイリードリームを叶えてくれるお店が京都の西にあると聞き、さっそく行って参りました!

f:id:mesitsu_la:20160823081954j:plain

阪急の大宮駅がある四条大宮から、街中を走る路面電車の嵐電(らんでん)こと京福電車に乗って30分弱。ちょっとした旅情も感じられるプチトリップを経て「等持院(とうじいん)」駅で下車します。

住宅街を抜けて駅から徒歩3分ほど。

たどりついたのはお好み焼き&焼きそば「ジャンボ」。

f:id:mesitsu_la:20160823081956j:plain

一見、普通のお好み焼き屋さんですが、中身は決して尋常じゃないんですわ、これが。のれんの文字が「おジャンボ」にも読めるプチ上品さ。

店に入ると、まず印象的なのが、厨房前に並んだお好み焼きの材料。

f:id:mesitsu_la:20160823081958j:plain

な、鍋に入ってますけど?

一般的なお店なら、生地や具材が小さめのボウルに入っているところ、こちらではなんと片手鍋。一人暮らしの学生さんがラーメン作ってそのまま食卓にのせて食べる感じのアレですね。卵の量もなんかおかしくないですか!?

……そう、ここは店名の通りすべてがジャンボな夢の国!

創業は今から約40年前。初代女将の江島奈津子さんが「学生さんにお腹いっぱい食べてもらいたい」という思いをもって、ボリュームたっぷりのお好み焼きと焼きそばをメインに始めたのだそう。お店の近くには立命館大学があり、今も昔も腹ペコな学生さんたちがひっきりなしに暖簾をくぐります。

f:id:mesitsu_la:20160823081957j:plain

店内は小上がり席とテーブル席を合わせて46席。取材は開店前の時間にお邪魔しましたが、開店するやいなや、席がギッシリ埋まります。

で、

現在は江島さんの息子さんが店を継ぎ、古参のスタッフが店を守っています。勤務歴30余年という佐々木さんいわく、「お客さんは、学生さんが中心なのは変わってないですね。最近は口コミで修学旅行生や海外からの観光客も増えました」。英字メニューまで備えて受け入れ体制も万全!

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。