体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1カップに秋の旬がぎゅっ♪ 京都発、新作サンデーはレアな食材満載のご褒美スイーツ


気軽なカップ入りで贅沢に秋を楽しめる新しいサンデーがお目見えした。アイスだけを味わうのではなく、野菜やケーキ、ナッツなどが盛りだくさんのスイーツを、頑張った日のご褒美に召し上がってみてはいかが?

元板前が誕生させたプレミアムアイスクリーム「HANDELS VÄGEN(ハンデルスベーゲン)」9月15日(木)より登場したのは、日本の秋の味覚を1カップで味わえる期間限定のサンデー。

今回発売されるサンデーは2種類。「秋の収穫サンデー」(税込820円)は、濃厚な味わいと食感を楽しむサンデー。紫芋、モンブランチーズケーキと2種類のプレミアムアイスクリーム。さらに丹波栗のフィナンシェ、生姜蜂蜜漬のナッツ、野菜チップスに、パンプキンシードやグラノーラを加え、バンホーテンのチョコレートソースをトッピング。こんなに贅沢なサンデー見たことない!と思わず歓声が上がりそう♪

「秋の3色フィナンシェサンデー」(税込820円)は、3種のフィナンシェ入り。希少な丹波栗のフィナンシェに、βカロチンが通常の3倍を誇る淡路島産無農薬栽培の甘い坊ちゃん南瓜を使用したカボチャフィナンシェ、そしてうまみの濃い熊本産のさつまいもを使用したさつまいもフィナンシェをトッピングに使用。アイスやナッツとからめて食べても、そのまま食べてもGOOD。「秋の収穫サンデー」よりさらにスイーツ感を味わえるサンデーだ。

どちらのサンデーにも使われている2種類のプレミアムアイスクリームは、種子島産紫芋をつかった上品な甘さのアイスと、丹波栗を贅沢に使ったモンブランチーズケーキのアイス。

秋の新作サンデーが販売されるのは「ハンデルスベーゲン」北大路本店・銀座店・みなとみらい店・ゼスト御池店の4店舗となっている。

1つのカップに秋の旬を凝縮した新作サンデー、レアな食材をふんだんに味わえる逸品を堪能してみて♪

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会