体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名作インディーRPG『Undertale』は、「モンスターを倒す」ことの意味を問い掛ける

今回紹介する『Undertale』は、Toby Fox氏率いるチームにより制作された海外RPGであり、2015年9月15日に公式サイト、およびSteamにて販売された。Steamでは、現在で60000件近いレビューが寄せられ、好評率はユーザー評価で96%以上という、非常に高い人気を得ているゲームだ。公式による日本語バージョンや、ハードモード実装も予定されており、Toby Fox氏の今後の動きにも注目したい。
 
UnderTale
 
それでは早速、紹介していきたい・・・と書きたいところなのだが、未プレイでこのゲームがとても気になっているという方は、この記事を閉じる勢いで、事前情報を頭に入れないでのプレイを強くお勧めしたい。筆者は当初、何も知らないまま本作の世界を旅していたのだが、そこに広がっていたのは、圧倒的な存在感を放つ2Dドットキャラクター達、ゲームならではの心踊る演出や音楽・・・など、まさしく至高のゲーム体験となった。

本記事は、未プレイの方へ向けた内容となっており、少しでも『Undertale』に興味を持っていただければ、これ以上のことはない。それでは、あらためて紹介していこう。

地下世界で繰り広げられるモンスター達との物語

UnderTale
どこか懐かしさを漂わせる、ドットグラフィックとサウンドが味わい深いオープニング画面。
 
かつて地球では人間とモンスターが共存しており、ある日、互いに衝突して戦争が起きてしまう。長い戦いの後に人間側が勝利して、モンスター達を魔法により地底へと封印する。
 
UnderTale
 
物語の舞台は、それから長い時を経た201X年。主人公となる子供は、とある山に登っていたが、この山には「登った者は二度と帰ることができない」という言い伝えがあった。
 
UnderTale
 
うっかり穴に落ちてしまった子供は、モンスター達が生息する地下世界へ入り込むことになる。
 
UnderTale
最初に出会うキャラクター、Flowey(フラウィー)。モンスター達に出会ったときの画面について、優しく教えてくれる。
 
白い四角の枠の中で、主人公の心を表すSOUL(ハート型の自機)を上下左右自由に動かし、シューティングゲームのようにモンスター達による攻撃を避けていくことになる。まずはハートの操作に慣れていこう。モンスター達を倒してEXPを獲得していくとLVが上がり、HPが増えてだんだんとハートが強くなっていく。
 
LVを上げれば戦闘が楽になる」、これは当たり前のことかもしれない。しかし、これがストーリーに大きく関わることになる。
 
UnderTale
 
簡単なチュートリアルが終わる。友情のかけらを落とし、主人公のLVを上げようとしてくれるFlowey。さぁ、ハートを動かしてゲットしよう!

バトルは、多彩なギミックのオンパレード

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。