体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長崎県人御用達! 正統派「長崎ちゃんぽん」のお店 in福岡

f:id:mesitsu_lb:20160830120446j:plain

長崎ちゃんぽん」と福岡のちゃんぽんの違い

名前は同じでも、地方によって内容が異なる料理はゴマンとあるでしょう?

例えば福岡人にとってラーメンといえば白濁豚骨スープに細いストレート麺ですが、東京でラーメンを注文すると真っ黒い醤油スープに太いちぢれ麺が出てきて、「こがんとはラーメンじゃなか!」と怒り出します。

さすがに最近は、福岡でも全国各地の本場の料理を食べられるようになって、そんなことも少なくなってきました。しかし、同じ九州であるにもかかわらず、福岡と長崎のちゃんぽんの違いも、僕のような長崎出身福岡在住者にとっては目をつぶり難いものがあるのです。

長崎県人が集うお店

そんな僕にとって、福岡で安心して長崎ちゃんぽんを食べられる数少ないお店の一つが、西新5丁目にある「あっちゃん亭」。表の看板では「あっ、ちゃんぽん!」で「あっちゃん亭」ということのように思われがちですが、実際には先代のオヤジさんの名前が篤(あつし)で「あっちゃん亭」です。

f:id:mesitsu_lb:20160830120827j:plain

西新〜藤崎に続く商店街の一つ、中西商店街の路地にお店はあります。

f:id:mesitsu_lb:20160830120846j:plain

この路地を明治通り側に進んだところ。

f:id:mesitsu_lb:20160831101512j:plain

なんとも主張の強いテントの宣伝文句。

「長崎のおやじが作る 本場・新地中華街の味」というキャッチフレーズの通り、オヤジさんは長崎・新地中華街の中華料理店出身で、福岡の長崎県人会の役員も務めていたという、紛うことなき長崎県人御用達のお店。

現在、オヤジさんは長崎に凱旋して、長崎で“長崎のおやじが作る長崎ちゃんぽん・長崎皿うどんの店「あっちゃん亭」長崎店”をやっていて、福岡の“本店”は息子の秀一さんに任せています。

f:id:mesitsu_lb:20160830120918j:plain

「表は先代の時の宣伝文句なんで、代替わりしてちょっと『おやじ』のイメージじゃなくなってるんですが」と笑う二代目店主・永江秀一さん。

秀一さん自身が長崎に住んでいたのは幼い頃のわずかな期間ですが、「長崎の味」は小さい頃からのオヤジさん仕込み。代替わりして二代目が個性を主張して味が変わった、なんてことはよくある話ですが、「地元(長崎)のお客さんが多いので、お店の味を守っています」と秀一さん。とはいえ、鶏ガラと豚骨のブレンドだったスープを鶏ガラ100%にしたり、夏季限定の冷やしメニューを開発したりと、基本は変えずに自分なりの工夫を加えているそう。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。