ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラシックソムリエ厳選!中秋の名月に聴きたい一曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」では、クラシックソムリエ協会理事の田中泰さんのセレクトで、とっておきのクラシックを紹介。“中秋の名月”を迎えた9月15日(木)のオンエアでは、シューマンの歌曲「月夜」を紹介しました。

「月夜」は、ドイツの詩人・アイヒェンドルフの詩をもとに書かれた連作歌曲集「リーダークライス」の中の1曲で、1840年に作曲されました。

「『まるで、月の夜空が大地にそっと口づけをしたようだ』と歌われる『月夜』は、天から滴り落ちてくる月の光をイメージした冒頭のピアノの美しさに驚かされます。1840年といえば、シューマンが愛するクララと結婚した年にあたります。まさに、幸せの絶頂の中で書かれた、名曲中の名曲だといえるでしょう」(田中さん)

放送では 、シューマンの連作歌曲集「リーダークライス」から「月夜」 (歌:クリスティアン・ゲルハーヘル、ピアノ:ゲロルト・フーバー)をお届け。別所も思わずうっとりと聴き入っていました。秋の夜長にクラシックを聴きながら過ごす、そんな時間を作ってみてはいかがでしょう。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP