体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSが巻き起こした、奇跡のストーリー【まとめ4選】

SNSが巻き起こした、奇跡のストーリー【まとめ4選】

SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境や身分を越えて、奇跡のような出来事を巻き起こすことがあります

ここでは、過去に話題になった4つのストーリーを紹介したいと思います。

01.「ボン・ジョヴィに会いたい」闘病中の母の願い娘の想いは届くのか…

SNSが巻き起こした、奇跡のストーリー【まとめ4選】

「今度は、私たち兄妹が母がしてくれたように彼女の夢を叶えてあげたい。母はボン・ジョヴィの熱狂的なファンで、『一度でいいから会いたい』と、口癖のようにいつも言っていました」

肺がんと闘う母の願いを叶えるため、娘のRosie Skripkunisさんは、わずかな望みを込めてFacebookに母への想いを綴りました。すると、投稿して1時間。思ったより多くの人にはシェアされませんでしたが、なんと、知人を通じてボン・ジョヴィの関係者に辿り着くことに!

あれよあれよと話は進み、ついにボン・ジョヴィご本人が快諾してくれるという奇跡が起きました。呼吸を忘れるほどの特別な時間を過ごしたという、母のCesarioさん。とても幸せそうな様子には胸を打たれます。

→詳しい記事はこちらから。

02.
「パスタを食べて寄付しよう」
Facebookから始まった
イタリア地震への支援活動

SNSが巻き起こした、奇跡のストーリー【まとめ4選】

2016年8月24日未明、イタリア中部を襲ったM6.2の地震。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、さまざまなボランティア活動が行われました。そのなかでも話題になったのが、ローマ出身のグラフィックアーティストPaolo Campana(パオロ・カンパーナ)さんがFacebookに投稿した「アマトリチャーナを食べて街を救おう」という呼びかけ。

積極的にレストランがアマトリチャーナを提供し、お店とお客が1ユーロずつ、合計2ユーロ(約228円)をイタリア赤十字社に届け、募金に充てるというもの。呼びかけからわずか2日間で、700店を超えるイタリアのレストランが賛同するほどに。

→詳しい記事はこちらから。

03.
恋をしたのは
本屋の公式Twitter。
猛アタックの末…

SNSが巻き起こした、奇跡のストーリー【まとめ4選】

遡ること4年前、サーカス団員として活躍するヴィクトリアさんは、自身のTwitterアカウントにこんな書き込みをしました。

「well I’m in love with whoever is manning the @WstonesOxfordSt account. Be still my actual beating heart.
(誰だかよく分からないんだけど、私オックスフォードストリート沿いのWaterstonesのアカウントに恋しちゃったみたい。もう胸がドキドキしっぱなし)」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会