ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今や都市伝説と化した「死体洗い・ホルマリン漬け」体験談

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

珍バイトを語るとき、外せないのはやはり、噂のあのバイトしかないでしょう。

そう、今や、都市伝説と化した「死体洗い・ホルマリン漬け」です。

このバイトは、珍バイトというより、裏バイトの代表例として見られがちですが、実際には「医療行為」のひとつされております。

おそらく、都市伝説的に広まったのは、大江健三郎氏の小説『死者の奢り』の中でホルマリン漬けの死体プールでアルバイトする学生の話が出てくることに起因するのでしょう。

そもそも、このバイトで扱う死体とは、どういうものかといえば、いわゆる「検体」と呼ばれる医学部医学科および歯学部歯学科で行なわれる遺体解剖実習用の遺体です。

この遺体は、「献体」と呼ばれる、医学および歯学の発展のために自分の死後、自らの肉体(遺体)を解剖学の実習用教材となる事を約束し、遺族が故人の意思に沿って医学部・歯学部の解剖学教室などに提供することによるものが大半です。

また、時には、引き取り手のない身元不明者の行き倒れ遺体や、死刑執行後の遺体が、法務大臣の認可を得て、各医科歯科大学に提供されます。

通常の病院では、たとえ、医療目的であっても「死亡体」を保有できる期間が2日と定められています。
従いまして、どんな大病院であっても、死体をホルマリン漬けにする施設も存在せず、あくまで医師の養成所である「医学部・歯科大」のみで行なわれます。

この遺体解剖実習ですが、体のあらゆる部位を爪の先まで、3ヶ月ほどの時間を掛けて、丁寧に解剖するので、その期間中、同じ検体が乾燥することを防ぐために、毎回、解剖実習後にホルマリンのシャワーを掛け、1ヶ月ごとにプールか専用水槽へ、検体を納めます。

このプールは、遺体保存室にあり、、縦×横8mぐらいの四角いプールになっています。

この作業をする際には、教授が直接にその学校に所属する大学生にアルバイト募集の声が掛かります。私も最初は断ったのですがその時は、他に引き受け手がいなかったらしく、どうしても!と泣きつかれて、これも人生経験かなと思い、渋々引き受けました。

これが、いわゆる「ホルマリン漬け」のアルバイトですが、実際の作業の内容は以下の通りです。

解剖実習で扱った全ての検体をプールに戻したのち、デッキブラシの先で、ゆっくりとプールの底へ沈めます。

この場合、男性よりも女性の方が、体脂肪が多いせいか、浮き上がりやすいようです。

だいたい、すべての検体を沈め終わるまで、2,3時間掛かりますが、ここで大変なのは、アルバイトの作業者の身体中に、ホルマリンの強烈な匂いが染み付くことです。

その時、着ていた服は、結局、全て棄てることになりますし、自分の目の白目の部分も黄色く染まってしまいました。

一応、ゴーグルにゴム頭巾、長手袋という完全防備の姿勢で臨みますが到底、防ぐことは出来ません。

ほとんどの学生がやりたがらないバイトですので、この2時間で5万円ほどのバイト収入になりますが、身体に染み付いたホルマリンの匂いが完全に消えるまでは、1週間ほどは掛かりますし、何年経っても忘れられないほどの衝撃を受けますので、決して割りの良いバイトではないことはたしかです。

一方、似たような話では、葬儀屋が行なう、「湯灌(ゆかん)」と呼ばれる普通に遺体をアルコールで洗い清める仕事の場合は時々、アルバイトの募集があります。

これは、普通、葬儀社が行なったり、専門の業者に委託する業務ですが、やはり、気軽な気分で行なうには、相当ヘビーなバイトです。

また、病院の中で無くなった患者を霊安室まで運ぶバイトの経験もあります。
これは、病院の近くに待機して、呼び出しがあれば、夜中でも駆けつける仕事です。

一回1500円で、呼び出しが無い場合は一晩5000円の報酬ですが、深夜の病院で逝ったばかりの遺体と行動を共にするのは、それなりに度胸のいる仕事でした。

写真:「写真AC」

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: マーヴェリック) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP