体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これぞTHE日本のカレー! 味もパッケージも懐かしい「オリエンタルカレー」を知ってるか【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20160807181316j:plain

子どもからお年寄りまでみんな大好きなカレー。街に出れば、インドカレーやタイカレー、欧風カレーなど多種多様なカレーが楽しめるが、やはり家で食べるカレーに勝るものはない。

そこで味の決め手となるのは、カレールー。どこの家庭の「ウチはこれでないとダメ」というこだわりがあると思う。生まれも育ちも名古屋の私はコレ!

それがオリエンタルの「即席カレー」である。

f:id:Meshi2_IB:20160807181328j:plain

▲「即席カレー」151円 ※公式HPオンラインショッピングの価格

f:id:Meshi2_IB:20160807181404j:plain

えっ、知らないって!? 名古屋では定番中の定番なんだけどなぁ……。

オリエンタルの歴史については後でじっくりと説明するとして、この「即席カレー」は、多くのメーカーが採用している固形タイプではなく粉末タイプなのが最大の特徴なのだ。

日本の本格的ルータイプ、インスタントカレーの元祖

ってことで、もっとこのカレーについて知りたくて、愛知県稲沢市にある株式会社オリエンタルへ話をうかがいに行ってきた。

f:id:Meshi2_IB:20160807181431j:plain

ご対応くださったのは、株式会社オリエンタルの参与で、長年にわたって研究開発室で新商品の企画・開発に携わってきた山内正雄さん。

f:id:Meshi2_IB:20160807181444j:plain

最近のカレールーは調味料脂肪分が多いのですが、オリエンタル「即席カレー」は粉末ですから、控えめになります。だから肉や魚介、野菜などカレーに入れる具材によって味が大きく左右されます。そこにカレーが家庭の味といわれる所以があると思います。(山内さん)

「即席カレー」が発売されたのは、終戦直後の昭和20年11月。にもかかわらず、レシピや味は当時とほとんど変わっていないという。つまり、辛さや香りのバランスなどカレールーとして完成されていたということだ。

戦前からカレーライスは洋風料理として人気でしたが、家庭で作る際に炒めた小麦粉にカレー粉を混ぜなければならず、これが手間のかかる作業だったんです。戦後、弊社の創業者である星野益一郎は、カレーが家庭料理として普及しつつあることに着目し、もっと簡単に作ることができれば売れると考えました。そこで考案したのが、小麦粉にバターや牛脂を混ぜて焼き、カレー粉と調味料まで入った本格的なカレールー。日本のインスタントカレールーの原点はこのときに完成した、弊社の「即席カレー」です。(山内さん)

f:id:Meshi2_IB:20160807181508j:plain

▲ 創業者・星野益一郎氏(写真提供:株式会社オリエンタル)

しかし、当時は庶民にとって、カレーは高嶺の花どころか、食べたことさえない人も多かった。そこで星野益一郎氏は自らリヤカーに商品を積んで、街へ出て販売した。

昭和28年にはそんな地道な販促活動が実り、知名度が上がると「オリエンタルカレーの唄」を作り、4トントラックを改造した宣伝カーで仙台から沖縄まで全国行脚をした。

f:id:Meshi2_IB:20160807181519j:plain

▲宣伝カーによるPR(写真提供:株式会社オリエンタル)

私の出身は滋賀県の田舎町ですが、そこにも宣伝カーが来ましてね。母親が「即席カレー」を買ってくれて、生まれて初めてカレーを食べました。6歳のときです。しかし「即席カレー」は1袋で5人前なんですね。私は10人家族でしたから、倍に薄めなければなりません。カレー風味の野菜水煮のようなものでした。肉は高価でしたから代わりにサバ缶を入れていました。それでも美味しかった! 今でも食べたときの感動ははっきりと覚えています。(山内さん)

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。