ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冨田勲 追悼特別公演にDub Mixの巨匠エイドリアン・シャーウッドが出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 2016年11月11日、12日に東京・オーチャードホールで予定されている、先頃逝去した作曲家・世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の追悼公演、【冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』】の第1部で、追加の上演プログラムが発表され、巨匠エイドリアン・シャーウッドが、冨田勲のシンセサイザー作品の代表作「惑星 Planets」のLive Dub Mixを披露する事が分かった。

 「惑星 Planets」は、当時シンセサイザー・アーティストとして世界的名声を誇っていた冨田が、ホルストのオーケストラ組曲「惑星」をシンセサイザー作品として昇華させ、1977年にリリース。全世界で250万枚を超える大ヒットを記録した、冨田のシンセサイザー作品の代表作であり、宇宙を描いた音楽の代名詞ともいえる作品として、今なお色あせぬ魅力を放つ不朽の名作。
 そのすみずみまで精巧に作りこまれた内容ゆえに、これまでREMIX等で手を加えることを決して許可してこなかった本作を、「理想のサウンドを追究するISAO TOMITAの想いを、次世代のアーティスト達に引き継いでもらいたい」という遺族の意向もふまえ、本公演にて追悼特別プログラムとして、史上初のオフィシャルREMIXでのパフォーマンスを行うことが決定した。初のREMIXのパフォーマーとして白羽の矢がたったのは、英国ロンドン生まれ、現在58歳のDub Mixの巨匠エイドリアン・シャーウッド。
 リー・ペリー、マーク・スチュワート、プライマル・スクリーム、エイジアン・ダブ・ファウンデイション、ナイン・インチ・ネイルズ、ノイバウテン、ミニストリー、にせんねんもんだいなど、ジャンル横断の世界のアーティストたちとコラボレーションを繰り広げる巨匠が、この電子音楽黎明期の不滅の金字塔に、リアルタイム・ダブミックスで挑む。
 本公演は、はじめに「イーハトーヴ交響曲」、そして最後にスペース・バレエ・シンフォニー「ドクター・コッペリウス」という、冨田勲が晩年に残したバーチャルシンガー初音ミクとオーケストラのコラボレーション作品2作を上演することがすでに発表されており、その2作に挟まれるかたちで、この「惑星 Live Dub Mix」が上演される。
 これまでに例のない、大オーケストラ作品と、Dub Mixパフォーマンスが一夜で上演される試みは、まさにオーケストラ作曲家と世界的なシンセサイザー・アーティストという両面をもっていた冨田勲の追悼特別公演にふさわしいプログラミングとなる。

◎公演情報
【冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』】
会場:Bunkamuraオーチャードホール
日時:
2016年11月11日(金)開場18:00 / 開演19:00
2016年11月12日(土)開場12:30 / 開演13:30
2016年11月12日(土)開場17:00 / 開演18:00
曲目:
第1部:『イーハトーヴ交響曲』 「惑星 Planets Live Dub Mix」
第2部:『ドクター・コッペリウス』  

キャスト:
[第一部]
『イーハトーヴ交響曲』
作曲:冨田勲
リアルタイム3D映像投射技術:クリプトン・フューチャー・メディア
指揮:渡邊一正
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
バーチャル・シンガー:初音ミク
「惑星 Planets Live Dub Mix」
Dub Mix: エイドリアン・シャーウッド

[第二部]
スペース・バレエ・シンフォニー『ドクター・コッペリウス』
制作・ストーリー原案:冨田勲
リアルタイム3D映像投射技術:クリプトン・フューチャー・メディア
エレクトロニクス:ことぶき光
振付:辻本知彦
出演:初音ミク、風間無限
指揮:渡邊一正
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
料金:S席10,000 A席8,500(全席指定) ※未就学児童入場不可
一般発売日:2016年5月28日(土)10:00~
お問合せ:キョードー東京 0570-550-799(オペレータ受付時間 平日11時~18時 土日祝10時~18時)

冨田勲 photo by Yashuhiro Ohara

関連記事リンク(外部サイト)

冨田勲追悼チャート再びの盛り上がり『月の光』『イーハトーヴ交響曲』同時チャートイン
冨田勲×初音ミク『題名のない音楽会』新映像合成技術“ARシステム”導入で特別放送
冨田勲『月の光』が再び返り咲き第1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP