ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最小でプログラミング可能なクモ型ロボット「Xpider」のアイディア源はあのピクサー映画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の工業デザインチームRoboeveが開発したプロダクトが、ITメディアの間で話題になっている。高さわずか85ミリ、重さ150グラム。世界最小でプログラミング可能なクモ型ロボット、「Xpider」だ。

・モデルはモンスターズインクのマイク

アイディア源は、ピクサーの大ヒット映画「モンスターズ・インク」。主人公の親友でギョロ目のモンスター、マイクから着想を得たという。彼の目玉をきょろきょろさせながら動くさまを、そのままプロダクトに落とし込んだのだとか。6本の足でちょこまかと動く様子は、確かにマイクに似ていなくもない。

本体は、インテルのエジソンボードと超小型モジュール、キュリーを元に製作。中央の目玉がカメラになっていて、ロボットが移動するたびに捉えた映像を、スマホ経由でユーザーへ供給する。小さなロボットの視野をそのまま体感できるところが、この製品の醍醐味だ。

物体や景色だけではなく、人間の顔もきちんと認識。セキュリティカメラとしても役に立ちそうだ。

・近々Kickstarterに登場予定

操作はもちろん、スマホアプリから。専用プラットフォームを使って、ユーザー自身で動きをプログラミングすることも可能だ。

現在はプロトタイプの段階だが、近々Kicstarterでクラウドファンディングを実施する予定。ギョロ目のミニロボットに、ぜひ注目してほしい。

Xpider

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP