ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイクを通してプレイヤーの“恐怖”が伝わるVRホラー『Stifled』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音に反応して視界が広がるホラーゲーム『Stifled』

『Stifled』は、Gattai Gamesが開発する一人称のVRホラーゲームです。プラットフォームはPCと家庭用コンシューマ向けを予定されています。

数あるVRホラーゲームの中でもこのゲームには大きな特徴があります。このゲームはマイクを接続し、””を介してVR世界に没入することのできるサウンドベースのサバイバルゲームでもあるのです。プレイヤーは暗闇の中、さながらコウモリのようにマイクへ声を発し、その音の反響でステージの形状や障害物の位置を把握していきます。

『Stifled』デモトレーラー

https://www.youtube.com/watch?v=d48Ygw_n0pE

音の反響によりステージの構造を把握することができる。ちなみにマイクは必須ではなく、未接続時にはキーを打つことで音をたてることも可能。

また、暗闇のステージ上には音に反応して行動するクリーチャー達も潜んでいます。音を出してステージを把握しつつ、敵の気配を感じ取ったら息を殺して潜む必要があります。間近に潜む敵にいつ襲われるか分からない状態で口を固く閉ざし、身をひそめながら進む緊張感はまさに別格。ステージ上の錆びたギミックの中には作動させると音の鳴るものもあり、一時たりとも油断はできません。

ステージ上のオブジェクトにも音をたてるものがたくさん

しかし逆に敵の習性を利用し、物を投げたり水たまりに踏み込むなどして、わざと音をたてて敵を誘導するといった戦略的で頭を使った攻略法も可能です。

体験者によると、「暗闇の中、まるで窒息(Stifled)しそうな緊張感を常に感じつつ、できるだけ音を立てず進んでいく時には、まるで本当に現実の世界の様な恐怖を感じた」と語っています。

リリース時期は今年の後半を予定しているとのこと。VRホラーゲームとして新たに斬新なアイデアを取り入れた本作に、非常に期待が集まります。

(参考)
Hands-On: ‘Stifled’ is a Horror Game That Uses Your Mic to Listen to Your Fear(英語)
http://uploadvr.com/hands-on-stifled-listen/

※Mogura VRはUproad VRのパートナーメディアです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP