体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイが誇る古都チェンマイ!おすすめ観光名所を一挙ご紹介!

タイが誇る古都チェンマイ!おすすめ観光名所を一挙ご紹介!
Photo credit: Guarini Letizia「心が落ち着くチェンマイ」

Photo credit: Guarini Letizia「心が落ち着くチェンマイ」

こんにちは。Compathy MagazineライターのKumiです。
日本人観光客も毎年大勢訪れているタイのチェンマイは人気の観光エリアです。タイだとバンコクがもっとも有名かもしれませんが、チェンマイにもたくさんの見どころがありますし、おすすめ観光スポットもたくさんありますよ。そこで、ここでは今後チェンマイに観光へ行ってみたい、遊びに行ってみたいという方のためにチェンマイの基本情報や行き方、おすすめ観光スポットなどについてご紹介したいと思います。

チェンマイの基本情報

観光エリアとしても有名で諸外国の観光客から高い人気を得ているチェンマイは、タイの北部に位置しています。正しくはムアンチエンマイ郡と呼ばれますが、恐らくチェンマイのほうが馴染みがあるでしょう。チエンマイ県の県庁所在地で、古くは王国の首都として発展を続けてきました。
ラーンナータイ王国が廃止となった現在でもタイ北部における経済の中心地として栄えていますし、バンコクに次ぐ規模の大きな都市として知られています。街の中央に位置する旧市街には由緒正しい寺院や仏塔が点在し、郊外の山々には山岳民族が住んでいます。
1296年にチェンマイに都を置いた、ランナータイ王国時代の建造物や遺跡などがあり、別名「北方のバラ」と呼ばれる美しい古都です。美人の産地としても有名で、タイで美人と言えば「19歳のチェンマイ人」という答えが返ってくるほどだとか。

日本からチェンマイへの行き方

日本からチェンマイへの直行便は今のところはありません(2016年08月現在)よって、基本ルートは「日本からバンコクへ → 国内線に乗り換えてチェンマイへ」となります。国内線の所要時間は1時間10分。バンコクのスワンナプーム国際空港やドンムアン空港からチェンマイ行きの飛行機が毎日、一時間に一本程運行しています。
飛行機以外ではバンコクから列車で約12~15時間、バスで約10~11時間で行くことも可能です。最初からチェンマイ観光が目的ならバンコクを経由してアクセスする方法がおすすめですが、チェンマイだけでなくほかの国も観光したいのなら後述した方法がおすすめでしょう。

おすすめの観光時期

チェンマイはタイ北部の高原に位置しているのでタイの中でも比較的過ごしやすい都市といわれています。最も気温が下がるのが12月と1月で、逆に最も暑いのは4月です。チェンマイにも雨季があり、6月~10月下旬まではスコールにご注意ください。観光のベストシーズンは11月〜2月の乾季です。
乾季の平均気温は25℃と過ごしやすい気候であることから、避暑地としてタイの人々や外国人旅行者にも大変人気があります。また、イーペン・サンサーイや年末年始などの大きな行事が多いのも人気の理由。チェンマイを訪れるなら是非、乾季をおすすめします。

イーペン・サンサーイってどんなお祭り?

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会