体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スキマスイッチ「全力少年produced by 奥田民生」がラグビーTVアニメ「ALL OUT!!」EDに

スキマスイッチ「全力少年produced by 奥田民生」がラグビーTVアニメ「ALL OUT!!」EDに

スキマスイッチ、約1年振りのシングル「全力少年produced by 奥田民生」が11月30日に発売されることが発表となった。

シングル通算24枚目となる今作は、スキマスイッチ通算5枚目のシングル「全力少年」(2005年4月20日発売)を彼らが敬愛するミュージシャン奥田民生がプロデュース。「全力少年」は総ダウンロード数100万ダウンロード、YouTubeの再生回数も2,700万回を超え、今年2016年はCMソングに起用される等、リリースから11年の時を経て、多くの人に聴き継がれている、スキマスイッチの代表曲。同曲が収録された2ndアルバム「空創クリップ」(2005年7月20日発売)で初のオリコンランキング1位を獲得。同年、同曲でNHK「紅白歌合戦」に初出場を果たした。

今作は、デビュー以来、一貫してセルフプロデュースにこだわり楽曲を制作してきたスキマスイッチのふたりが、セルフタイトルアルバムの制作や、全キャリアの楽曲に全てライブアレンジを施した新コンセプトのツアーを経て、はじめて自身の制作にプロデューサーをむかえた意欲作。「自分たちの曲が他のアーティストの手でどう変化していくのか、興味があった」と語っており、常に“おもしろいこと“を発信してきたスキマスイッチの新しい試みに期待は高まる。今作のプロデューサー奥田民生は、原曲のリアレンジはもとより、楽器演奏やコーラスもつとめ、ロックテイスト溢れる、新たな魅力が引き出された楽曲に仕上がった。奥田が既発曲のリアレンジ・リプロデュースを手掛けるのは、自身のキャリア上初の試みとなる。

©雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部
また、同曲は10月6日よりTOKYO MX、MBS、BS11ほかにて放送開始となる、現在、月刊『モーニング・ツー』にて連載中で“ラグビー“を題材にした史上初のTVアニメ「ALL OUT!!」のエンディングテーマに決定した。アスミック・エースアニメチャンネルではTVアニメ「ALL OUT!!」第2弾PVが公開となり、いち早く「全力少年produced by 奥田民生」を聴くことができる。2019年日本初開催のラグビーワールドカップに向け、史上初のラグビーTVアニメとのコラボレーションにも注目したい。

カップリングは昨年度に続いて起用が決まった、「第96回全国高校ラグビー大会」大会テーマソング「ハナツ」を新たなアレンジで収録。アニメ盤・期間生産限定盤は「ALL OUT!!」描き下ろしジャケット&デジパック仕様、89秒TVサイズ音源が収録される。

あわせて、新アーティスト写真も解禁された。下町の中華料理屋でラーメンとカレーを食べるふたり。いつも以上に等身大のたたずまいとプロデューサーへのリスペクトを表現したビジュアルに仕上がった。

スキマスイッチは9月にオランダが誇るポップ・マエストロ:ベニー・シングスの来日ステージ(9月21日 ビルボード大阪、9月22日 ビルボード東京)にゲスト出演することが発表された。また、10月に東京・大阪にて、スキマスイッチ初の全曲カバーライブ「スキマスイッチCOVER LIVE“THE PLAYLIST”」(10月6日 Zepp Namba、10月12日 豊洲PIT)の開催も発表されており、新たなライブステージからも目が離せない。

スキマスイッチ・大橋卓弥コメント
(スキマスイッチ「全力少年produced by 奥田民生」楽曲制作について)
今回、「全力少年」がガラッと雰囲気を変えて、ロックで少しやんちゃな「全力少年」へと生まれ変わりました。民生さん色満載の作品に仕上がり感謝と共に、ものすごく嬉しく思っています!是非是非たくさんの人に聴いてもらいたいです!!

スキマスイッチ・常田真太郎コメント
(スキマスイッチ「全力少年produced by 奥田民生」楽曲制作について)
僕が高校の時に人生初のコピーバンドを組んだキッカケが「ユニコーンだけを演奏するバンドを組みたいんだけど」と友達に持ちかけられたことでした。そこからバイトをしてシンセを買い、文化祭に出て大きな勘違いをしたままの勢いでここまで来ましたが、その初期衝動みたいなものがこんな素晴らしいコラボレーションに繋がるとは、当時は想像もしていなかったです。しかもそれが10年以上も前に作った楽曲のリアレンジ・リプロデュースなんて!僕らの楽曲は全曲いわゆるプロデューサーを立てずに自分たちで手作りをしてきました。しかしそんな中でやはり人の手を介した僕らの楽曲の手触りへの興味も少なからずありましたが、今回のこの作品によってそこに一つの答えがあるような気がします。ここまで聴き所満載だと、それこそ楽しみ方は人それぞれ自由です。スキマスイッチのまた新たな可能性の手触りを、そしてそこに民生さんというマエストロの存在があることを楽しんでもらえたら幸いです。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。