ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FOVE、視線追跡型VRデバイス「FOVE 0」を11月3日より予約開始 ブランドイメージを一新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまで「FOVE」と呼ばれていた同デバイスですが、いよいよ一般向けの発売を見据え、名称が「FOVE 0」となりました。「視線を通じた人と人との感情のつながり」をコンセプトにブランドイメージを一新しています。

合わせて製品仕様、最低動作環境及びムービーが公開されています。価格は不明。

https://www.youtube.com/watch?v=mFh2_6olco8

製品仕様と最低動作環境

■“FOVE 0”製品仕様

ディスプレイ

WQHD OLED (2560 x 1440)
フレームレート
70Hz
視野角
90°~100°
トラッキングセンサー

ヘッドトラッキング

ポジショントラッキング

アイトラッキングセンサー

120fps 赤外線アイトラッキングシステムx2

精度1°以下

本体重量
520g
オーディオ
3.5mm オーディオジャック
接続端子
HDMI 1.4 / USB 3.0 / USB 2.0
同梱物
ポジショントラッキングカメラ / 交換用フェイスクッション

■最低動作環境
オペレーティング システム:Windows 8.1 64bit 以上
CPU          :Intel Core i5-4590 以上
GPU          :NVIDIA GeForce GTX 970 /
              AMD Radeon R9 290 以上
メモリー         :8GB以上
インターフェース     :HDMI 1.4 / USB 3.0 / USB 2.0×2

シリコンスタジオのゲームエンジンを公式サポート

また、FOVE社は、シリコンスタジオのVR向けゲームエンジン「Xenko」を公式サポートすることが明らかになりました。Xenkoは、シリコンスタジオの開発した次世代型.NET,C#ゲームエンジンでありVRに適した開発環境とのこと。

FOVE 0は、9月15日より開催されている東京ゲームショウにてプレイアブル展示されています。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP