体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボルドーワインの楽しみ方は、究極の「カジュアルさ」にあった

生活・趣味
ボルドーワインの楽しみ方は、究極の「カジュアルさ」にあった

ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。

しかし太陽がさんさんと降り注ぐこの季節、産地ボルドーの町の人々はもっとカジュアルにワインを楽しんでいる。

01.白ワインでいただく生牡蠣は、ソーセージをプラスして

ボルドーワインの楽しみ方は、究極の「カジュアルさ」にあった

生牡蛎に白ワインは定番だが、これにソーセージを合わせるのが通の食べ方。牡蛎と一緒にオプションでソーセージが付いてくるメニューが定着している。

ボルドーっ子曰く、さっぱりした生牡蛎とこってりソーセージの組み合わせがいいのだとか。言われるままに試してみれば、確かに間にソーセージの脂をはさむことで、牡蛎のつるりとした食感をより楽しむことができ、どんどん食が進む。

「いくらでも牡蛎を食べられる気がするでしょう!」とにっこり笑うギャルソン。海が近く、たくさんの牡蛎をお値打ちで食べられる地域ならではの贅沢かもしれないが、ぜひお試しあれ。

02.ピザもBBQもロゼで決まり!

ボルドーワインの楽しみ方は、究極の「カジュアルさ」にあった

酒屋さんの軒先、あるいは店内の一番目立つところにはロゼワインがずらり。この季節、ホームパーティーのバーベキューに招待されたときなどに重宝するのがロゼだという。きりっと冷えたドライなロゼワインは、焼きたてのお肉やお野菜と相性が良く飲み飽きない、とボルドーの人は口をそろえる。

ピザのお供にロゼを選ぶ人も多い。当地では夏の果物であるイチゴやラズベリーにアイスクリームを添えたデザートをロゼと楽しむ人の姿も。ボルドーワインの楽しみ方は、究極の「カジュアルさ」にあった

 ボルドーの町をぶら歩きしていると、テラスで夕涼みしている人たちのテーブルには当たり前のようにワイングラスが置かれている。グラスの中のロゼワインが町にほのかな色を添えているのは、ちょっとした夏の風物詩かもしれない。

ボルドーに限らずフランスでは、最近ロゼ人気が高まってきた。旨味や渋みを楽しむ赤ワインと、冷やせて温度の変化とともに味の変化も味わえる白ワイン。呂方の良いところ取りが人気の理由だ。ボルドーでもロゼの生産に乗り出すワイン農家が多く、地元産のロゼにも多くのチョイスがある。

03.チーズの盛合わせにも
当然のように「白」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会