体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「未来をつくる認知症ケア」登壇者の人気記事をまとめました!第2弾

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

「ネットの情報は信じられない」
⇒そのためにイベントを企画いたしました!

「他の方が認知症についてどんなイメージを持っているのか知りたい」
⇒介護の輪を広げることで視野も広がります!

「オーサーさんを直接見たい!」
⇒素敵な方ばかりですよ!

「ひとりで行くのはちょっと…」
⇒おひとりでお申込みされている方がほとんどなので、ご心配無用です!

未来をつくる認知症ケア申込フォームはこちらから
※席がうまってきているため、お早めにお申込みくださいませ!

今回はイベント事前企画としまして、未来をつくる認知症ケアに登壇される認知症ONLINEオーサーの人気記事まとめ第2弾をお送りいたします!

人気記事まとめ第1弾はこちら

市村幸美さん(認知症看護認定看護師)

%e5%b8%82%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%93%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%b4%b9%e4%bb%8b
●市村 幸美(いちむら さちみ)さん

看護師として認知症治療病棟への配属をきっかけに認知症ケアに興味をもち認知症ケア専門士、認知症看護認定看護師を取得。「認知症をもつ人が受ける不利益をなくする」ことを使命と考え、現在は現場での実践や教育などさまざまなフィールドで介護・福祉に携わっている。またブログ『認知症専門のナースケアマネ市村幸美の【美Happy介護】』やSNSを通して介護職だけでなく一般の人に向けても認知症や介護を前向きに受け止めてもらえることを目指している。

高齢者の立場に立って考えられたケアに定評がある市村さん。看護師の目線で書かれた、介護者でもできる認知症ケアについての記事や、市村さん自身が出会われた認知症高齢者のお話など、一見の価値ありです。

人気記事『なぜ認知症を持つ人は嫌な思いをしたことはよく覚えているのか?』

%e5%b8%82%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%93%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

はじめまして。認知症看護認定看護師、認知症ケア専門士の市村幸美です。認知症治療病棟、デイサービス、地域などで認知症ケアに携わってきました。現在も実践、教育などフレキシブルに様々な角度から認知症ケアに関わっています。こちらのサイトでは筆者の経験や学んだことから読んで下さる皆様のお役に立てるような記事を書いていけたらと思いますので、よろしくお願いいたします。一回目のテーマは感情と記憶の関係と認知症をもつ方への関わり方をお伝えします。

記事の続きはこちらよりご確認くださいませ

市村幸美さんの記事をもっと読みたい方はこちら

後藤京子さん(音楽の花束代表)

●後藤 京子(ごとう きょうこ)さん
%e5%be%8c%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e8%87%aa%e5%b7%b1%e7%b4%b9%e4%bb%8b
東京音楽大学第2副科オルガン専攻修了、邦楽演奏コース長唄三味線専攻修了。1986年日本ピアノコンクール全国大会第3位、受賞記念演奏会出演、1987年読売新人演奏会出演。NHK邦楽技能者育成会に学ぶ。短大西洋音楽史講師、小学校音楽科教諭を経て2004年より「音楽の花束」のプロデュース活動を始める。2015年きらめき認知症シスター(きらめき認知症トレーナー協会認定)取得。カトリック東京カテドラル関口教会オルガニスト。デイサービス「空の花 高井戸」取締役副社長。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。