ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【朝ヨガの魅力と効能】日の出とともに活力充電!体が目覚めるおすすめヨガポーズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。早朝の時間を作り、有効活用する「朝活」がポピュラーになって久しいですが、朝はヨガにとってもベストタイミングです。今回は、朝ヨガの魅力についてご案内致します。

早朝の特徴・メリット

早朝の時間は、睡眠の後で頭や体が浄化され、すっきりとした状態にあります。頭の回転もクリアーで知的活動にも適していますが、ゆったりと体を動かすことで、一日の活動のウォーミングアップになるだけでなく、さらに「ひらめき」や「行動力」などが増します。

夜に比べて、活動終了時間が決まっているので、自然と張りが生まれますし、意図的に起きる時間を作るので、意識は高まります。前の予定に左右されることもなく、比較的コントロールしやすい時間だと言えます。

朝ヨガの魅力

ヨガは、日の出とともに行うのが本来一番大陽のエネルギーが高く、適していると言われます。自然とのつながりを感じ、自然のエネルギーを取り込み循環させて、活力を充電させる活動でもあるので、その意味で朝の太陽を感じて行うヨガは、効果的です。


また、朝ギリギリに起きて、バタバタと出かけるのに比べて、ゆっくりと自分の心身に向き合う時間を取ることで、一日を落ち着いてスタートさせることができます。

体を動かすと脳も含めて全身に血が巡り、神経の伝達も滑らかになるため、運動をすると頭の回転が良くなるとされています。しかし、朝は体も頭も充分目覚めていませんから、激しい運動には適しません。

ヨガは無理をせずマイペースで心地よく体を伸ばすので、その点朝にぴったりのウォームアップになります。また、自律神経のバランスを整え、α波が出るので、リラックスをしていながらも冷静でいられ、仕事などで必要なパフォーマンスを得るのに役立ちます。

おすすめの朝ヨガ

●アンテナのポーズ1
寝床で座り、両手を天に伸ばして胸を張り、太陽の光を浴びるようにします。深呼吸を繰り返し、少しずつ体が目覚めて元気が湧いてくるのを感じます。


●アンテナのポーズ2
そのまま両手を後ろで伸ばして組み、息を吐きながら上体を前に倒して突っ伏します。組んだ両手は天井へ上げ、肩甲骨を寄せて深呼吸を繰り返します。肩甲骨周りが刺激され、代謝が上がって背中がポカポカし、一日のエンジンがかかり始めます。

おわりに

いかがでしたか?朝型タイプで、より健康で快適な生活を送りたい方は、ぜひお試し下さい。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

とっても簡単!今すぐできる、韓国で流行りの「紙コップダイエット」って?
シミ・そばかすをつくりたくなかったらスムージーをやめる!?
肌の調子が格段にUP♡女性がプロテインを飲む2つのメリットとは?
【レシピつき】発酵飲料「KOMBUCHA」で、腸内環境のバランス力を整え育てる!
寝落ちしちゃう気持ちよさ♪歪みのないカラダになれるベッド上のストレッチ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP