ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

科学的根拠否定した歯周病治療で高額費用取る医院も存在する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 患者数330万人異常、成人の85%が感染している歯周病は、虫歯と並ぶ、歯を失う2大要因で、肺炎や心疾患などの原因ともなる。が、その治療の実態は杜撰なものが少なくない。

 保険診療の歯周病治療で、一部手抜きがあるからといって、自由診療なら確実な治療が行なわれている訳でもない。中には科学的根拠が否定された治療法で、高額な費用を取る自由診療のクリニックも存在している。

「パーフェクトペリオ」は、次亜塩素酸を主体とした歯科用の水溶液を生成する装置である。2009年に製法特許をとり、当時はテレビ番組等で口腔内の虫歯菌や、歯周病菌を殺菌できる商品として紹介され話題となった。

 しかし、「パーフェクトペリオ」は、医療機器として正式な認可を受けたものではなく、安全性や効用について検証が不十分な商品だったのである。

 日本歯周病学会は、2010年にパーフェクトペリオについて次の声明を公表した。

〈歯周治療への応用については、研究途上の段階で科学的根拠が十分であるとはいえず、日本歯周病学会としては安全性や有効性について学術的な場で充分な討議が行われた後に、臨床に応用されるべきであると考える〉

 その後、この製品は歯科医の間でもほとんど話題に上らなくなったが、今も堂々と一部のクリニックでは使用されている。自由診療としてクリニックが独自に価格を設定して患者に請求しているのだ。

 都内のあるクリニックは、ホームページに「パーフェクトペリオを併用した歯周病治療では、歯周病菌をほぼ完全殺菌できるため、軽度歯周病は1回、中等度は2回、重度の方はほぼ3回で症状が改善されます」との旨の記載がある。

 料金は1回60分で1万1880円という設定だ。保険診療でSRPを行なうよりも格段に利益は上がる。

 このクリニックに対して、日本歯周病学会が科学的根拠を否定していることを筆者が指摘すると、次のような回答が返ってきた。

「歯科医によって意見が異なる。当院としては効果がある。(歯周病の)進行を止める効果を期待してやらせていただいている」

 同クリニックには、元大学歯学部教授が勤務している。歯科治療として科学的根拠に欠ける製品を、堂々と使用するのは、モラル以前の問題だろう。患者の安全性よりも、利益を優先する姿勢こそが歯科業界の闇を象徴している。

■文・岩澤倫彦(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

【関連記事】
歯周病治療で肝機能改善 NASH患者の数値が3か月で正常に
歯周病治療 業界には「タコヤキ治療」なる隠語も存在
歯周病のリスク たばこを吸う人は吸わない人に比べて5倍にも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP