ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAPデビュー記念日に東京新聞広告ジャックやハガキ運動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPのデビュー25周年記念日だった今年の9月9日。解散までのカウントダウンをただ静かに刻むだけで、本人たちのコメントは一言も届かなかったが、ファンたちは日付が変わった瞬間から、SMAPへの深い愛を表現した。

【AM0:00】
 香取慎吾(39才)ファン歴20年のA子さん(46才)が、0時ちょうどにツイッターに「25周年おめでとう」とつぶやくと、タイムラインは瞬く間に祝福メッセージで埋め尽くされた。

【AM5:00】
「カタン」という音とともに、玄関に飛び出していったのは、稲垣吾郎(42才)ファン歴15年のB代さん(43才)だ。朝刊を受け取ると、すぐさまパーソナル広告欄『ToKToK』を確認。「仲間の分も購入しないと」と、そのまま近所のコンビニへと走った。

 この日の東京新聞は、紙面の3分の1を占める広告・伝言スペース2面分を、SMAPファンがほぼ独占。出稿料金が、3行540円で誰でも掲載できるという手ごろさもあってか、SMAPへの激励や感謝のメッセージが84件並んだ。

「『ToKToK』は2000年から始めたのですが、こんなにたくさんのメッセージが来るのは初めて。すべて掲載するため、レイアウトを考えるのも大変でした(苦笑)。広告をメッセージにするという意見については賛否両論あるかもしれませんが、SMAPにおめでとうと言える場所を提供するのは、報道機関の役目だと思っています」(東京新聞広告部)

 実はこういった動きは、他の新聞でもあった。朝刊は1296円から出稿できる河北新報や1行540円、2行から受け付けている静岡新聞、1行972円で3行からの北國新聞など各地でもメッセージが多数投稿された。

【AM6:25】
 草なぎ剛(42才)ファンのC香さん(50才)は、ラジオの前でドキドキしていた。月~金でメンバーが4週ごとに交代する『おはようSMAP』(TOKYO FM)はこの日、草なぎが担当していた。

 年内いっぱいの解散を表明し、25周年コンサートもとりやめ。それゆえこの日は“静かな25周年記念日”とも報じられた。メンバーからの胸中を聞くことはかなわないことは、みんな頭ではわかっていた。それでもわずかな望みにかけて、こうしてラジオを聴いていたのは彼女だけではなかったはずだ。

「SMAPの草なぎ剛です。9月9日、今日お誕生日のみんな、おめでとうございまぁす」

 C香さんは声を詰まらせた。まず耳に入ってきたのが、SMAPのデビュー曲『Can’t Stop!! LOVING』だったから。

「デビュー曲でお誕生日って。ファンに精いっぱいのメッセージを出してくれて…うれしかった…」

【AM9:30】
 いつもはさまざまなDMに混じって、バランスよく各番組の感想やリクエストのはがきが送られてくるラジオ局だが、この日はめくってもめくっても「SMAP」の文字と5色の星…。

 草なぎ・香取出演の『SMAP POWER SPLASH』を放送しているbayfmの関係者は驚きを隠さない。

「同じ柄のはがきは8月の終わりからどっと増え始めて…1日でそれまでの1週間分が届くようになりました。毎日紙袋1袋では収まらないほど大量。ファンのパワーがすごいです」

 同じ現象は『中居正広のSome girl,SMAP』を放送しているニッポン放送でも起きていた。

「毎年8月18日の中居くんの誕生日のときははがきが多いのですが、今はその倍以上になっています。集計できないくらいです」(ニッポン放送関係者)

 発端は、中居正広(44才)ファン歴15年で『男だけどSMAPが好き』というツイッターアカウントの男性(32才)が発案した「はがき運動」だった。ウェブデザイナーの彼は、メンバーを意味する5つの星を配したデザインをネット上に無料でダウンロードできるようにしたのだ。

 同じ柄のはがきを使うことで、ラジオ局やテレビ局、ひいてはスポンサー企業に、一目でSMAPファンの声だとわかるようにした。

「何かできないかと考えたとき、どこか場所を借りてイベントをするのは許可問題や金銭面などリスクが高い。でもはがきなら誰でも52円で手軽にできるので、ツイッターで呼びかけ、ダウンロードは5000回を超えました。ファンの団結した声がSMAPの5人に届けばと思っています」(『男だけどSMAPが好き』さん)

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

【関連記事】
陛下の過去のお言葉から平和を求めるメッセージを読み解く本
SMAP中居正広と木村拓哉 ソロラジオでの「エール交換」が評判
LINEの既読スルーと未読スルー 使い分けることで相手に配慮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP