体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【医療相談】早期避妊手術をしたことによるメリット・デメリットはありますか?

1

相談内容

ネコの病気の中には、予防できるものと、できないものの2つのタイプがあると思います。予防できると言われている代表的なものとしては、子宮系の病気です。これは、避妊手術をすることで防ぐことができると聞きました。

私は以前飼っていたネコを子宮の病気で亡くしてしまったので、今度飼う時には、避妊手術をしたいと思っています。避妊手術を行うのは、いつの時期が良いのかと考えています。動物病院によっては、生後4カ月程度から行うところもあるようですが、あまり早いとホルモンのバランスが崩れる可能性があるという意見も聞きます。生後6カ月程度からという動物病院もあります。

ほんの数カ月の違いですが、ネコの小さな体には大きな違いとなるのではないかと心配しています。早い月齢で手術を行ったことによるメリット・デメリット、手術が遅れてしまった場合に生じるメリット・デメリットの可能性について知りたいのです。

今度新しく、生後3カ月のメスの子猫を譲り受けることになったので、問題が特にないようであれば早めに避妊手術をすることを検討しています。また、手術後の生活についての注意点なども知りたいです。

3

回答

避妊手術は、望まれない繁殖を防いだり、生殖器系の病気を予防するためには最良の方法です。子宮や精巣の病気は、猫は犬ほど多くは見られませんが、かかってしまった時点では大抵の子が高齢だったり全身状態が悪かったりで大変な苦労をすることになります。もちろん命にもかかわりますので、繁殖させる予定がない猫さんは若いうちに避妊・去勢手術をしておくのがいいでしょう。

また、男の子は尿スプレー行動(マーキング)を起こさなくなる、女の子は発情時の独特な鳴き声がなくなる、という行動上のメリットもあります。これは「人間のためのメリットだから、人間のエゴなのでは」と思われる方がよくいらっしゃいますが、そんなことはありません。猫にとってもメリットです。なぜなら、男性・女性としての感情が無くなるので、室内で人間と暮らすのがずっと快適になるのです。

室内で過ごし、繁殖の予定がない猫ちゃんが手術をしないでいるというのは、つまり・・・恋したいのに相手がいない、または、目の前に超タイプな美人(またはイケメン)がいるのに、恋が叶うことは絶対にないという状態に等しいのです。

前置きが長くなりましたが、飼い猫として暮らす以上は避妊・去勢手術をしてあげるのが基本ですね。最適な時期として、日本の多くの動物病院では、「生後6カ月ごろ」を勧められると思います。これは、ある程度体格がしっかりしてきて処置がしやすい、さらに、麻酔をかけるリスクが最小限に済ませられるという観点からです。

ただし、早期に手術を行う病院も確かに存在しています。特に、子猫の里親募集をされている団体さんなどでは、譲渡などの都合上から生後2カ月などの非常に早い時期に手術を済ませてしまいます。これは米国でよく行われる「早期不妊去勢手術」というもので、性成熟前に行う手術のことです。早期不妊去勢手術はリスクが心配になると思いますが、簡潔に言ってしまうと、「慣れている病院なら大丈夫」です。

現在日本では「避妊去勢手術は生後6カ月から」という考えが浸透していて、ほとんどの獣医師がその前提で勉強してきています。手術に使う道具も成猫を基準に揃えられていますし、小さい子猫に麻酔をかける機会もあまりありません。しかし早期不妊去勢手術はしっかり習得すればむしろ出血量も少なく、麻酔のリスクも変わらず、また術後のデメリットも特にないという研究結果が出ているそうです。(参考:Timing of neutering)早期の避妊手術をご希望される場合は、早期不妊去勢手術に慣れた病院を探してお願いするのがいいと思います。

5
1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy